鬼才ビンセント・ギャロ、阪本順治監督「人類資金」で日本映画初出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月10日 > 鬼才ビンセント・ギャロ、阪本順治監督「人類資金」で日本映画初出演!
メニュー

鬼才ビンセント・ギャロ、阪本順治監督「人類資金」で日本映画初出演!

2013年7月10日 06:00

日本映画に初出演を果たしたビンセント・ギャロ「人類資金」

日本映画に初出演を果たしたビンセント・ギャロ
(C)2013「人類資金」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優だけにとどまらず監督、ミュージシャン、画家などさまざまなジャンルで活躍する鬼才ビンセント・ギャロが、阪本順治監督、佐藤浩市主演作「人類資金」に出演していることがわかった。

新表現主義の画家ジャン=ミシェル・バスキアとバンドを組んでいたことでも知られるギャロは、1998年に主演・脚本・音楽を兼ねた「バッファロー’66」で監督デビュー。第67回ベネチア国際映画祭では、主演作「エッセンシャル・キリング」(イエジー・スコリモフスキ監督)の演技が評価され、最優秀男優賞に輝いている。

今作では、佐藤扮する主人公・真舟雄一らを追い詰める、ニューヨーク投資銀行のハロルド・マーカスを演じた。佐藤をはじめ香取慎吾森山未來観月ありさらとの共演シーンでも、時にアドリブ全開で臨むなど、約11分間のワンカットは緊張感みなぎるものだったという。


主演の佐藤浩市と森山未來「人類資金」

主演の佐藤浩市と森山未來
[拡大画像]

阪本監督は、ギャロの起用理由を「彼の監督作品を見て、彼本人を想像した時、純粋ゆえに異端、強い愛着と拒絶、攻撃と自虐、建設と破壊……。相反するものをいくつも自身の中に抱え、常に本当の居場所を求めてさまよう、そんなイメージが浮かび、それが役のハロルドの孤立感と重なり合ったからです」と説明。さらに「撮影は、はじめはお互い手探りで、それこそ撮影現場をさまようこともありましたが、彼の放つ異彩は一気にハロルドの架空性を消し去り、恐れさえ覚えました。心底、ビンセントに感謝しています」とコメントを寄せている。

旧日本軍の秘密基金である“M資金”を題材にした「人類資金」は、金融ブローカーを名乗る詐欺師・真舟(佐藤)が、謎の男“M”(香取)と腹心の部下・石優樹(森山)からM資金を盗み出してほしいという依頼を受け、世界を股にかけて勇躍する姿に迫る。福井晴敏氏の大胆な発想と仮説を元に、M資金はアメリカの財界が関与しているという設定。さまざまな思惑が絡み合うなか、国際金融システムを逆手にとりマネーゲームを仕掛けていく様子を描く。

人類資金」は、10月19日から全国で公開。

バッファロー'66[Blu-ray/ブルーレイ] バッファロー'66[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,403 刑務所帰りの男と、通りすがりに出会った少女との奇妙な交流を描いた異色ラブストーリー。監督:ヴィンセント・ギャロ
北のカナリアたち[DVD] 北のカナリアたち[DVD] 最安価格: ¥2,030 日本最北の地、稚内、サロベツ、利尻島、礼文島を舞台に、かつてない衝撃と感動の物語が描き出される。監督:阪本順治

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi