宮崎吾朗監督、来年に新作完成?「ある企画を準備中です」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月15日 > 宮崎吾朗監督、来年に新作完成?「ある企画を準備中です」
メニュー

宮崎吾朗監督、来年に新作完成?「ある企画を準備中です」

2013年4月15日 20:33

新たな企画が進行中と明かした宮崎吾朗監督「ひつじのショーン」

新たな企画が進行中と明かした宮崎吾朗監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]NHK Eテレで放送中の人気ショートアニメ「ひつじのショーン」シリーズ3(5月11日放送開始)の試写会が4月15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で行われ、映像作家の伊藤有壱氏と宮崎吾朗監督(「コクリコ坂から」)がコマ撮りアニメの魅力を語り合った。また、記者との質疑応答で、近況を聞かれた宮崎監督は「毎日ちゃんと仕事をしています(笑)。言うと怒られるので言えないですが、ある企画を準備中です。完成? 来年くらいには……」と新作発表の可能性を示唆した。

ひつじのショーン」は丘の上の牧場を舞台に、いたずら好きなリーダー格のショーンと仲間たちが大騒動を巻き起こす短編アニメシリーズ。「ウォレスとグルミット」で知られる英アードマン・アニメーションズの制作で、三鷹の森ジブリ美術館とは2006年の「アードマン展」開催や、“三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー”として「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」(09)を配給するなど交流が続いている。

宮崎監督は「まず、物としてそこにいるという存在感。それにセリフのない状況で、キャラクターがきちんとお芝居をしているから、子どもでも笑わせることができる。大人は大人で、イギリス人特有のアイロニーや毒気が感じ取れる」と分析。「やっぱり、アードマンは短編がいいですね。長編だと失敗することも……」と本音を明かした。

伊藤氏はイモムシを主人公にした短編クレイアニメ「ニャッキ!」で知られるクリエーターで、「僕がこの道を選んだのは94年に、アードマンを訪ねたことがきっかけ。今でも心の拠りどころです」。アードマンの魅力は「独特の頑固さとヤンチャさ、それに作品をつくり続ける強み」だといい、「これがアメリカのスタジオだとやり過ぎになってしまうことも。そういう意味では、日本人と近い感性があるのかもしれない」と話していた。

ひつじのショーン」シリーズ3はNHK Eテレで5月11日から放送される。

コクリコ坂から[DVD] コクリコ坂から[DVD] 最安価格: ¥3,630 太平洋戦争が終わり高度経済成長が始まろうとしていた時代の横浜を舞台に、ある高校生男女の愛と友情、そして建物をめぐる紛争を軸に、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いたドラマ。監督:宮崎吾朗
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! スペシャル・エディション[DVD] ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: - 大ヒットTVシリーズ“ウォレスとグルミット”の初の長編映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi