アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバート氏が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月5日 > アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバート氏が死去
メニュー

アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバート氏が死去

2013年4月5日 15:15

70歳で死去したロジャー・エバート氏「フープ・ドリームス」

70歳で死去したロジャー・エバート氏
Photo by Sean Gallup/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカを代表する映画評論家のロジャー・エバート氏が4月4日、米シカゴの病院で死去した。70歳だった。2002年に甲状腺ガンと診断されたのちも精力的に活動を続けていたが、死去のわずか2日前に、ガンが再発したため仕事のペースを落とすことを自らのウェブサイトで公表したばかりだった。

エバート氏が、67年4月3日から米シカゴ・サンタイムズ紙で連載を開始した映画評コラムは、死去の前日に46周年を迎えていた。75年には、映画評論家として初めてピュリッツァー賞を受賞。著書は10冊以上にのぼる。

70年代から90年代にかけて、故ジーン・シスケルとともに司会を務めたテレビの映画番組では、良い映画には「サムズ・アップ(親指を立てる)」、ダメな映画には「サムズ・ダウン」するという分かりやすいスタイルで、広く一般の映画ファンにも親しまれた。近年はTwitterなどを通して、若い映画ファンとも活発にコミュニケーションをとっていた。

06年のガン切除手術で下あごの一部を失い、しゃべることができなくなったが、その後も精力的に活動を続け、ブロックバスターからアート系、外国映画まで幅広く鑑賞し、昨年は300本の映画の評論を行ったという。

エバート氏は、最後となった4月2日付けのブログで、ガンの再発により、放射線治療のために以前ほど映画を見ることができなくなり、仕事のペースを落とすことにしたが、完全に休養するわけではないと語っていた。「これでやっと、長年やりたかったことができる。つまり、自分が批評したい映画だけを批評するということだ」とコメントし、新ウェブサイト「Ebert Digital」の立ち上げにも注力していることを明かしていた。

なお、マーティン・スコセッシがプロデュース、「フープ・ドリームス」のスティーブ・ジェームズが監督を務める、エバート氏に関するドキュメンタリーの製作が以前から進行中だった。

マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行[DVD] マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行[DVD] 最安価格: - 現代映画に多大な影響を与えた戦後のイタリア名作映画の数々とその歴史、映像に込められた監督達の想いをマーティン・スコセッシ自らが自身の生い立ちやユーモラスなエピソードを交えながら紹介していく。
フープ・ドリームス[DVD] フープ・ドリームス[DVD] 最安価格: - シカゴ郊外の貧困地域に暮らすアーサー・エージーとウィリアム・ゲイツ。NBAスターを夢見る二人の少年の4年間にも及び迫ってきた姿を捉えたドキュメンタリー作品。監督:スティーブ・ジェームズ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi