映画評論家ロジャー・エバートの2012年の映画ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月7日 > 映画評論家ロジャー・エバートの2012年の映画ベスト10
メニュー

映画評論家ロジャー・エバートの2012年の映画ベスト10

2013年1月7日 15:00

「アルゴ」の一場面「アルゴ」

「アルゴ」の一場面
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバートが、2012年度にレビューした300本以上の映画の中からベスト10を発表した。

第1位に選ばれたのは、ベン・アフレックの監督第3作「アルゴ」。イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描き、アフレックは主演も兼ねた。各所で絶賛されており、ゴールデングローブ賞の作品賞と監督賞、アメリカ製作者組合(PGA)賞にもノミネートされている。

ベスト10は以下の通り。

1.「アルゴ」(ベン・アフレック監督)
2.「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(アン・リー監督)
3.「リンカーン」(スティーブン・スピルバーグ監督)
4.「エンド・オブ・ウォッチ(原題)」(デビッド・エアー監督)
5.「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」(ニコラス・ジャレッキー監督)
6.「フライト」(ロバート・ゼメキス監督)
7.「The Sessions(原題)」(ベン・ルウィン監督)
8.「ハッシュパピー バスタブ島の少女」(ベン・ザイトリン監督)
9.「Oslo, August 31(原題)」(ヨアキム・トリアー監督)
10.「桃(タオ)さんのしあわせ」(アン・ホイ監督作)

【初回限定生産】アルゴ ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】アルゴ ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 革命が吹き荒れるイランで、過激派がアメリカ大使館を襲撃、大使館員を人質にとる。彼らの要求は、悪政の限りを尽くしてアメリカに逃げた前国王の引き渡しだった。混乱のなか裏口から6人が脱出、カナダ大使の家に身を隠すが、見つかれば公開処刑は間違いない・・・。CIAが最高機密情報として明かすことのなかった衝撃の実話!監督:ベン・アフレック
インディ・ジョーンズ コンプリート・アドベンチャーズ[Blu-ray/ブルーレイ] インディ・ジョーンズ コンプリート・アドベンチャーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥14,040 アクション・アドベンチャー「インディ・ジョーンズ」がBlu-ray化!『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』『魔宮の伝説』『最後の聖戦』『クリスタル・スカルの王国』の4作品を収録。特典ディスクが付いた5枚組。監督:スティーブン・スピルバーグ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi