仏カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2012年の映画ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月27日 > 仏カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2012年の映画ベスト10
メニュー

仏カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2012年の映画ベスト10

2012年11月27日 11:45

レオス・カラックス監督「Holy Motors」の一場面「ポーラX」

レオス・カラックス監督「Holy Motors」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 各紙誌に先がけ、フランスの権威ある映画批評誌カイエ・デュ・シネマが、2012年の映画ベスト10を発表した。

第1位に選ばれたのは、フランスのレオス・カラックス監督、ドニ・ラバン主演の「Holy Motors(原題)」。1999年の「ポーラX」以来13年ぶりとなる長編映画で、今年のカンヌ映画祭コンペティション部門に出品された。受賞は逃したものの、一部で激賞されるなど大いに話題をさらった。

2位にはデビッド・クローネンバーグ監督がロバート・パティンソンとタッグを組んだ「コズモポリス(原題)」がランクイン。ほか、アベル・フェラーラ監督作が2本選出されるなど、作家主義を標榜する同誌らしいリストになっている。
 ベスト10は以下の通り。

1.「Holy Motors(原題)」(レオス・カラックス監督)
2.「コズモポリス(原題)」(デビッド・クローネンバーグ監督)
3.「Virginia ヴァージニア」(フランシス・フォード・コッポラ監督)
4.「4:44 地球最期の日」(アベル・フェラーラ監督)
4.「3人のアンヌ」(ホン・サンス監督)
4.「テイク・シェルター」(ジェフ・ニコルズ監督)
7.「Go Go Tales(原題)」(アベル・フェラーラ監督)
8.「Tabu(原題)」(ミゲル・ゴメス監督)
9.「ファウスト」(アレクサンドル・ソクーロフ監督)
10.「Keep The Lights On(原題)」(アイラ・サックス監督)

4:44 地球最期の日[DVD] 4:44 地球最期の日[DVD] 最安価格: ¥1,454 明日の早朝4時44分、オゾン層の破壊によって地球は滅亡する。回避する方法は何もない。世界の終わりを前にしても、シスコは恋人スカイと刹那的に激しく愛しあう。決していつもと何も変わらない。ただ運命を受け入れるほかなかった。そして空が妖しくうごめき始め、終末の瞬間がやってきた…。監督、脚本:アベル・フェラーラ
ファウスト[DVD] ファウスト[DVD] 最安価格: ¥4,158 文豪ゲーテが生涯をかけて残した不朽の名作「ファウスト」を、ロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフ監督が映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi