「みなさん、さようなら」原作者・久保寺健彦氏&団地団が団地トーク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月6日 > 「みなさん、さようなら」原作者・久保寺健彦氏&団地団が団地トーク
メニュー

「みなさん、さようなら」原作者・久保寺健彦氏&団地団が団地トーク

2012年11月6日 20:30

「みなさん、さようなら」の一場面「みなさん、さようなら」

「みなさん、さようなら」の一場面
(C)2012「みなさん、さようなら」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中村義洋監督と濱田岳が5度目のタッグを組んだ“団地”映画「みなさん、さようなら」の原作者・久保寺健彦氏が11月4日、東京・板橋の高島平団地区民ホールで行われた“高島平団地40周年記念トークショー”に出席。“団地萌え集団”として知られる団地団とともに、今作について語り合った。

今作は、生まれ育った団地から出ずに生きることを決意した男が、悩みや葛藤(かっとう)を抱えながら成長する姿を描く。濱田は主人公・悟の13歳から30歳までを演じた。倉科カナ永山絢斗波瑠田中圭らが共演している。

団地団は、フォトグラファーでライターの大山顕氏、脚本家の佐藤大氏、ライターの速水健朗氏、漫画家の今井哲也氏の4人で結成され、映画やアニメなどに登場する団地について考察を深めている。この日のイベントでも、団地解説などマニアックなトークを展開し、会場に詰めかけたファンを喜ばせた。

サプライズゲストとして登場した久保寺氏は、「この物語を書くときに団地団さんから出版されている書籍なども参考にさせていただいていました。小説を書くのに行き詰ったとき、助けてもらったこともあるんです。僕も団地団に混ぜてほしい」とイベント参加に喜びを語った。

久保寺氏は、今作を執筆したきっかけを「小さな世界で完結するお話が書きたいと思って考えていたときに、『団地があるじゃん!』と思いついたのがきっかけ」と説明。デビュー作の映画化に、「自分の頭のなかで描いていた世界が映像になることに戸惑いはありました。自分で書いた言葉が、セリフとして耳に入ってくることが恥ずかしかったり(笑)」と恐縮しきり。それでも、「それだけ原作に忠実に映像化していただいているんだなと思います。悟が団地からでないと決めたその理由を知ったとき、ただの面白い話から感動できるお話に変わっていく」とアピールした。

みなさん、さようなら」は、2013年1月に全国で公開。

ポテチ[DVD] ポテチ[DVD] 最安価格: ¥2,873 宮城・仙台を舞台に、この街で生まれ育ったプロ野球のスター選手と空き巣を生業とする青年の奇妙な運命を独特のユーモアで描いた感動の人間ドラマ。監督・脚本:中村義洋、出演:濱田岳
アヒルと鴨のコインロッカー[DVD] アヒルと鴨のコインロッカー[DVD] 最安価格: ¥3,926 大学入学のために仙台へ引っ越してきた椎名は、奇妙な隣人・河崎に出会う。彼は初対面だというのに椎名に「本屋を襲わないか」と持ち掛けてきた…。伊坂幸太郎も絶賛した、日本中に切なさと爽やかな感動の嵐を巻き起こした青春ミステリー映画。監督・脚本:中村義洋、出演:濱田岳

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi