濱田岳、“盟友” 中村義洋監督と5度目のタッグに「毎回楽しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月25日 > 濱田岳、“盟友” 中村義洋監督と5度目のタッグに「毎回楽しい」
メニュー

濱田岳、“盟友” 中村義洋監督と5度目のタッグに「毎回楽しい」

2012年9月25日 18:00

「みなさん、さようなら」に出演した波瑠、濱田岳、倉科カナ、 メガホンをとった中村義洋監督「みなさん、さようなら」

「みなさん、さようなら」に出演した波瑠、濱田岳、倉科カナ、
メガホンをとった中村義洋監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の濱田岳が9月25日、都内で行われた主演作「みなさん、さようなら」の完成披露試写会に共演する倉科カナ波瑠、メガホンをとった中村義洋監督とともに出席した。濱田と中村監督がタッグを組むのは「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」「ゴールデンスランバー」「ポテチ」に続き、これで5回目を数え「毎回楽しいです。今回も毎日笑いながら、せつない話を撮っていた感覚」(濱田)、「岳がもっと売れっ子になり、もう脇役はやらないと言い出したら……(笑)。一緒に仕事ができる喜びを噛みしめている」(中村監督)と相思相愛ぶりを披露した。

原作は第1回パピルス新人賞を受賞した、久保寺健彦氏の同名小説。小学校卒業を機に「団地から一歩も出ずに生きる」と決心した主人公・悟(濱田)が、実際に団地内のみで人生を謳歌しながら、成長する姿をハートウォーミングに描く。濱田は、主人公の12歳から30歳までを演じ「自分がちっちゃい小学生に見えるか不安があった」。これに対し波瑠は「違和感なかった」、中村監督も「ちっちゃいよ。ひげが伸びるのは早いけど」と濱田演じる“12歳”に太鼓判を押した。

一方、“団地のマドンナ”的存在を演じた倉科は「周りからあこがれられる役柄で、プレッシャーもあった。監督と相談し、ウィスパーボイスでしゃべることを意識した」と述懐。もし目の前に主人公のような男性が現れたら「好きになりません」と一蹴し、濱田は「うわー」と失望感をあらわにした。

劇中には濱田が、倉科と波瑠の胸をもむシーンがあるといい「悟としての役作りなのか、それとも本人の性格なのか。とにかく衝動的に胸をもむ感じがすばらしかった」(中村監督)、「台本に書いてあるからじゃないですか!」(濱田)と絶妙なやりとりも披露していた。

みなさん、さようなら」は2013年1月、全国で公開。

ポテチ[DVD] ポテチ[DVD] 最安価格: ¥2,873 宮城・仙台を舞台に、この街で生まれ育ったプロ野球のスター選手と空き巣を生業とする青年の奇妙な運命を独特のユーモアで描いた感動の人間ドラマ。出演:濱田岳、監督、脚本:中村義洋
アヒルと鴨のコインロッカー[DVD] アヒルと鴨のコインロッカー[DVD] 最安価格: ¥3,926 大ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を濱田岳×瑛太×関めぐみ共演で映画化。監督、脚本:中村義洋

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi