「HUNTER×HUNTER」初劇場版で川島海荷が少年に&ゆず10年ぶりアニメ主題歌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月1日 > 「HUNTER×HUNTER」初劇場版で川島海荷が少年に&ゆず10年ぶりアニメ主題歌
メニュー

「HUNTER×HUNTER」初劇場版で川島海荷が少年に&ゆず10年ぶりアニメ主題歌

2012年11月1日 05:00

主題歌を担当する「ゆず」と声優を務める川島海荷「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」

主題歌を担当する「ゆず」と声優を務める川島海荷
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の川島海荷が、冨樫義博氏の人気漫画をアニメ映画化した「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」で、はじめて男子キャラクターの声優に挑戦することがわかった。また音楽グループ「ゆず」が、「ドラえもん のび太とふしぎな風使い」以来、約10年ぶりに、アニメ映画の主題歌を担当することが決定した。

原作は、「幽☆遊☆白書」などで知られる冨樫氏が、1998年から「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載している大ヒット冒険漫画。30巻までで累計発行部数6000万部を突破し、11年からは日本テレビ系でテレビアニメが放送されている。連載15周年を迎える13年に、シリーズ初のアニメ映画化が決定し、約10年前に描き上げられたが未公開となっていた幻のネームをもとに、オリジナルストーリーで人気キャラクター、クラピカの過去を描く。

クルタ族の少年クラピカは、世界七大美色のひとつである“緋の眼”を持つため、盗賊集団「幻影旅団」によって一族を皆殺しにされた。一族の生き残りとして復しゅうのためハンターとなり、旅の途中でゴンたちと出会う。ある日、クラピカの目が何者かによって奪われるという事件が発生。ゴンたちは事件の裏に隠された秘密を追う。

川島がアニメ声優を担当するのは、「ガフールの伝説」(10)、テレビアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」(11)、「モンスター・ホテル」(12)に続き4作品目。今作のキーパーソンとなる、クラピカの親友の少年パイロの声に挑む。川島は、人気シリーズの劇場版第1作の声優に抜てきされ「光栄です!! 男の子役を担当するということは衝撃でした! 未知の世界なので楽しみです。練習をしっかりして、男の子の声に挑みたい」と意気込んだ。アフレコは11月上旬に行われる予定だ。

今回、主題歌に起用された「ゆず」は、13年の第1弾シングル「REASON」を提供する。メンバーの北川悠仁岩沢厚治に人気プロデューサーの前山田健一を加え、結成以来初となる三者共作で楽曲を制作した。北川は「連載当初から知っていて、今回のオファーを受けて改めて読みなおして制作した」という気合いの入れようで、ふたりは「僕らの曲が映像に乗ることで、少しでも物語を盛り上げることができたらという思いでつくりました。作品の世界観にうまくマッチし、どういう化学反応を起こすのかとても楽しみ」とコメントを寄せている。同楽曲は劇場版の主題歌のほか、12月からテレビアニメ版のエンディングテーマとしても使用される。

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」は、2013年1月12日から全国で公開。

HUNTER×HUNTER ハンターハンター 天空闘技...[Blu-ray/ブルーレイ] HUNTER×HUNTER ハンターハンター 天空闘技...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥16,038 過酷なハンター試験に挑む少年ゴンと、同じくハンター試験合格を目指す仲間たちによる壮大な冒険ストーリー!声の出演は潘めぐみ、伊瀬茉莉也ほか。天空闘技場編第27話「トウギジョウ×ニ×トウジョウ」から第38話「オヤジ×ノ×ヘンジ」を収録した3枚組Blu-rayBOX。
ヘブンズ・フラワー[DVD] ヘブンズ・フラワー[DVD] 最安価格: ¥9,523 『私の優しくない先輩』の川島海荷が、冷酷非道な暗殺者を好演したロマンチックミステリー。ある事故が原因で荒廃した日本を舞台に、数奇な運命に翻弄されながらも懸命に生きる女暗殺者・アイの葛藤と恋を描く。全11話を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi