北野武、三池崇史の大ファン「ザ・レイド」監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月26日 > 北野武、三池崇史の大ファン「ザ・レイド」監督が語る
メニュー

北野武、三池崇史の大ファン「ザ・レイド」監督が語る

2012年10月26日 13:10

現在は念願の企画「Berandal(原題)」に 全力を注いでいるギャレス・エバンス監督「ザ・レイド」

現在は念願の企画「Berandal(原題)」に
全力を注いでいるギャレス・エバンス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]麻薬王が支配する高層マンションを舞台に、SWAT部隊と犯罪者たちとのノンストップの激闘を描き、続編の製作はもちろん、すでにハリウッドリメイクも決定しているという「ザ・レイド」を撮り上げた32歳の俊英、ギャレス・エバンス監督に話を聞いた。

「とにかくフラストレーションがたまってエネルギーがあふれていたから、シンプルで思い切ったものを作ってみようと思ったんだ」と振り返る。「ザ・レイド」の続編として製作が決まった「Berandal(原題)」が元々は先行していた作品で、「構想はできていたのに資金が集まらず、1年半待ちぼうけを食らっていた」。その憂さ晴らしとして「ザ・レイド」を製作したというのだ。

同作は上映時間102分のうち、実に85分間で銃撃、剣術、格闘の壮絶なアクションが繰り広げられる。「確かに、ドラマとアクションの緩急がある普通のアクション映画の作りからすると変わっているよね。でも、最初に首根っこをつかんだらそのまま最後までグイグイ引っ張っていく、そんな映画を作ろうと思ったんだ」と認める。

「インドネシアのマーシャルアーツ映画なんて、まずないでしょ? それが一番の売り(笑)。バイオレンスがある映画だけど、陰惨にしたつもりはない。最初にノリさえすれば、見ているみんなで一緒に興奮してヒヤヒヤして、ホッと安心したら笑いが漏れる。色んな映画祭で観客の反応を見てきたけど、ほんと、週末の夜に友だちと見て騒ぐ、ジェットコースターみたいな映画なんだ」

英国出身であるのにもかかわらず、なぜ東南アジアで格闘アクションの映画を撮ろうと思ったのだろうか。「ブルース・リージャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーユエン・ウーピンらが格闘を映画で見せるということの先駆者だよ。彼らを超えるものはまだ現れていない」とアジアのアクションへ最大級のリスペクトを抱く。「レンタルショップがマーケットで出している露天で、VHSを買い漁って見ていた」と明かす。また、三池崇史監督の「殺し屋1」の英語字幕入り全長版映像を求め、香港版、日本版、オランダ版、アメリカ版とDVDを買い増してきたほどの日本映画好きでもある(北野武岩井俊二北村龍平塚本晋也ほか、監督名が次々と挙がる)。

「日本の映画にもたくさん影響を受けてきた僕が、こうして日本に『ザ・レイド』を持ってこられて本当にうれしい」

ザ・レイド」は10月27日より全国公開。

殺し屋1 THE ANIMATION EPISODE 0[DVD] 殺し屋1 THE ANIMATION EPISODE 0[DVD] 最安価格: ¥4,010 「週刊ヤングサンデー」に連載された山本英夫原作によるアクションコミック「殺し屋1」をアニメーション化した作品。出演:三池崇史
アウトレイジ[DVD] アウトレイジ[DVD] 最安価格: ¥2,873 ヤクザ界の生き残りを賭けた壮絶な権力闘争を描くバイオレンス・アクション・エンターテイメント!!監督、脚本:北野武

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi