アニメ界の実力者・原恵一監督、木下惠介生誕100年記念映画で実写初メガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月28日 > アニメ界の実力者・原恵一監督、木下惠介生誕100年記念映画で実写初メガホン
メニュー

アニメ界の実力者・原恵一監督、木下惠介生誕100年記念映画で実写初メガホン

2012年9月28日 06:00

木下惠介監督の若き日の姿を原恵一監督が描く!「はじまりのみち」

木下惠介監督の若き日の姿を原恵一監督が描く!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数多くのアニメ作品を手がけてきた原恵一監督が、木下惠介生誕100年記念映画「はじまりのみち」で、初めて実写映画を手がけることがわかった。木下作品を敬愛していることでも知られる原監督は、脚本も執筆。不退転の覚悟で11月を予定しているクランクインに備えている。

木下生誕100年の節目となる今年、「生誕100年祭」と銘打った特集上映やさまざまなイベントが各地で始動。5月の第65回カンヌ映画祭では「楢山節考」、8月の第69回ベネチア国際映画祭では「カルメン故郷に帰る」のデジタルリマスター版が、それぞれクラシック部門で上映されるなど、世界中で再評価の機運が高まっている。

はじまりのみち」は、今回の生誕100年プロジェクトの中核をなす取り組み。「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」「楢山節考」などの名作を精力的に発表し、黒澤明監督とともに国民の人気を二分した木下監督は、差別や暴力、戦争を憎み、市井の人々へ深い眼差(まなざ)しをおくった。その原点を探るべく調査を進めたところ、浮上したのは木下監督に盲目的な愛情を注いだ母の姿だった。

今作は、戦時中に木下監督が脳いっ血で倒れた母を疎開させるため、リヤカーに乗せて山越えをしたという実話のエピソードが軸となる。また、血気盛んな映画青年として軍部ににらまれ、松竹を一時離れるきっかけとなった「陸軍」製作時のエピソードを、回想形式で盛り込んでいくという。木下惠介から本名の木下正吉に戻ると母に伝えた失意の木下が、翻意して終戦前に松竹へ戻った真相に、原監督が迫っていく。

若き日に木下監督の特集上映を見て、そのすごさに打ちのめされたという原監督は「作品を見るにつけ、黒澤監督との評価の差が残念だし、不当に思えてならなかった」と述懐。今回のオファーについては、「実写の監督経験はないのでためらいましたが、こんなメモリアル企画に次はないと思い、受けさせていただきました」と語る。

木下監督が病気の母をリヤカーで運んだ道を実際に歩いたそうで、「当時は未舗装だったことを考えると、男ふたりで運んだとしてもどれほど大変だったろうかとため息が出ました。重ねて、その時の木下監督が一時的にしろ、松竹に辞表を出し監督を辞めていたという事実が、この行為を特別なものにしている」と思い至った。それでも「この作品を、巨匠の若い頃の美談にもしたくありません。ある若者の挫折と再生の物語として描くことが、この先につくられることになる木下作品への興味となる。そんな風に考えています」とコメントを寄せた。

はじまりのみち」は、2013年初夏の全国公開を予定。

カラフル(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] カラフル(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,054 直木賞作家・森絵都のベストセラー小説を、『河童のクゥ』の原恵一監督がアニメーション化!監督:原恵一
木下惠介生誕100年 二十四の瞳[DVD] 木下惠介生誕100年 二十四の瞳[DVD] 最安価格: ¥2,000 美しい小豆島を舞台とした、新任女性教師と12人の生徒たちの感動のドラマ。監督:木下惠介

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi