三谷幸喜の新作舞台で渡辺謙がパルコ劇場に凱旋 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月28日 > 三谷幸喜の新作舞台で渡辺謙がパルコ劇場に凱旋
メニュー

三谷幸喜の新作舞台で渡辺謙がパルコ劇場に凱旋

2012年9月28日 10:00

三谷幸喜の新作舞台に出演する渡辺謙

三谷幸喜の新作舞台に出演する渡辺謙
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来年上演される、三谷幸喜の新作舞台「ホロヴィッツとの対話」に俳優・渡辺謙が出演することが発表された。本作はパルコ劇場40周年第1弾作品で、三谷による書き下ろし。1981年パルコ劇場の「下谷万年町物」でデビューした渡辺が、テレビや映画への大きなステップとなった「ピサロ」(1985)以来28年ぶりに同劇場に凱旋する。

作・演出を務める三谷は、「舞台俳優としての謙さんの大ファンです。スクリーンの謙さんも素敵だけど、舞台の上の存在感は凄いです」と絶賛。さらに、渡辺が出演したハリウッド映画の監督を挙げ、「クリント・イーストウッドクリストファー・ノーランには見て欲しいな。自分たちが俳優渡辺謙について、実はまだ半分しか知らなかったことに気づくはずですから」と、渡辺の才能に太鼓判を押す。

一方、12年ぶりに舞台に立つ渡辺は「人々が忘れ去った頃に出てくる『蝉』のようです。俳優の基礎を作ってくれた舞台に久しぶりに上がるのは、緊張とか興奮を越えた恐れのようなものを感じます」という。長年の友人、三谷の作品であること、デビュー作「下谷万年町物」や「ピサロ」を上演したパルコ劇場の40周年記念であることが出演の決め手となった。「その恐れが今、消えたわけではありません。ようやく地上に上がって来た『蝉』が、その恐れにおののきながら鳴いている姿を是非見ていただけたらと思っています」とアピールした。

「ホロヴィッツとの対話」は、4人の画家の友情を描いた「コンフィダント・絆」(2007)、ナチス高官と映画人の狂乱の一夜を描いた「国民の映画」(2011)につづく“海外芸術家”シリーズ3作目。ピアニストとその調律師の会話を通して芸術を生み出す原動力に迫る。

舞台「ホロヴィッツとの対話」は、東京・PARCO劇場で2013年2月9日~3月10日、大阪・シアターBRAVA!で3月13日~31日に上演。

やっぱり猫が好き 7枚BOX[DVD] やっぱり猫が好き 7枚BOX[DVD] 最安価格: ¥22,982 フジテレビ系にて放映された、もたいまさこ、室井滋、小林聡美主演による名作シチュエーション・コメディ「やっぱり猫が好き」が待望のDVD化!脚本:三谷幸喜
バットマン ビギンズ Blu-ray Limited Editi...[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン ビギンズ Blu-ray Limited Editi...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥20,366 豪華キャストを迎え、衝撃のスケールで贈るアクション大作。出演:渡辺謙、監督、脚本:クリストファー・ノーラン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi