伊藤淳史、堺正章の“こん棒”アクションに「孫悟空を思い出した」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月24日 > 伊藤淳史、堺正章の“こん棒”アクションに「孫悟空を思い出した」
メニュー

伊藤淳史、堺正章の“こん棒”アクションに「孫悟空を思い出した」

2012年9月24日 14:00

「猿飛三世」に出演する伊藤淳史と水川あさみ「るろうに剣心」

「猿飛三世」に出演する伊藤淳史と水川あさみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHK BS時代劇「猿飛三世」の完成披露試写会が9月24日、東京・渋谷の同局内で行われ、主演を務める伊藤淳史と共演する水川あさみが出席した。

伝説的忍者の孫で、生きる道を失った“モラトリアム忍者”の佐助(伊藤)があこがれの京都で、小藩の家老の娘・お市(水川)と出会い、成長を遂げる青春時代劇。映画「るろうに剣心」のアクション監督である谷垣健治氏がアクションを手がけており「肉体的にも精神的にも、これほどハードな現場は初めて」(伊藤)。お市の父親を演じる堺正章が、こん棒を手にアクションに挑むシーンもあるといい「孫悟空を思い出しました。アクションチームの皆さんも感動していました」と振り返った。

撮影は7月中旬から、猛暑が続く京都で始まり「立っているだけで汗だく」(伊藤)、「京都の暑さをなめていました」(水川)。現在も撮影が続いており、伊藤は「現場全体が『やるしかない』という空気に包まれているし、きっと皆さんの期待を超える自信がある。僕自身、出合えて良かったと思える作品」と誇らしげ。水川も「団結しながら、時間と体力を注いで撮影しています」と過酷なロケに全力投球だ。

見どころは「アクションはもちろん、お市を守るという目的に目覚めて、佐助が成長する人間ドラマを見てほしい」(伊藤)。水川によれば、伊藤のアクションは日に日に上達しているといい「初回に比べて、最終回のアクションは全然違いますね。(最終回の撮影で)初めて伊藤君を格好いいと思いました」と明かすと、伊藤は「今頃?」と苦笑いを見せた。

NHK BS時代劇「猿飛三世」は10月12日から放送(全8話)。

西遊記 スタンダード・エディション[DVD] 西遊記 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,642 2006年に放送された人気ドラマ『西遊記』が遂に映画化!出演:伊藤淳史/水川あさみ/堺正章
隠忍術[DVD] 隠忍術[DVD] 最安価格: ¥2,426 忍びの世界の上下社会をリアルに描いた本格忍者アクション・ムービー!監督:谷垣健治

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi