山本耕史、片腕の剣豪・丹下典膳役に挑む「生き方に触れられるだけで幸せ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月29日 > 山本耕史、片腕の剣豪・丹下典膳役に挑む「生き方に触れられるだけで幸せ」
メニュー

山本耕史、片腕の剣豪・丹下典膳役に挑む「生き方に触れられるだけで幸せ」

2012年6月29日 18:00

「薄桜記」キャスト陣とジェームス三木「薄桜記」

「薄桜記」キャスト陣とジェームス三木
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHKのBS時代劇「薄桜記」の初回完成試写会が6月29日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の山本耕史柴本幸高橋和也長塚京三、脚本家のジェームス三木が会見した。

華々しい赤穂浪士たちの活躍の陰で、吉良方として消えていった侍・丹下典膳の波瀾に満ちた人生を描く。旗本にして卓越した一刀流の剣豪・典膳(山本)は、妻・千春(柴本)の名誉を守るために片腕を失い、浪人となってしまう。典膳はのちの赤穂藩の家臣・堀部安兵衛(高橋)に助けられるが、やがて吉良上野介(長塚京三)の用心棒となり、赤穂浪士たちと対決する運命となる。

片腕の剣豪という難役に挑む山本は、「不自然に見えないよう、右腕で斬りながらそれ以上に左腕を衣装の中で動かしている。3カ月間もやってるとかなり負担があって左腕が痛いけれど、自分が視聴者として見ていたら気になると思うのでかなり気をつけている」と苦労を明かした。そして、「剣一筋にひとつのことを貫く典膳の生き方は、窮屈でもなく自然なことのように感じる。演じながらも切なくなるけれど、役者として勉強させられる貴重な体験。彼の生き方に触れられるだけで幸せ」とやりがいを感じていた。

柴本は、「典膳はとにかく格好良くて、こんな素敵な男性がこの世にいるのかという感じ。私の演じる千春も芯が強く、ここまで激しい役はなかなかない。激動の人生を追体験している」と手応えを感じていた。高橋も、「豪放磊落(らいらく)で愛嬌のある役柄。伝説の人物を演じるプレッシャーはあるけれど、こんなにも安兵衛という役を愛することができてうれしい」と感無量の面持ち。長塚は、「吉良さんは案外良い人だった、という“裏忠臣蔵”はこれまであまり体現されてこなかった。どういう風に演じようかと悩んだけれど、おそらく吉良という人物はエキセントリックな文化人なので、ジェームス先生のようにやればいいのかと思いついた」と役作りを明かした。

ジェームスは、「視聴者は受け身ではないという信念があるので、あまり解説や説明をしていない。スタジオや撮影所で作品が完成するのではなく、見ている人の心で完成する」と明言。「武士の美学を描きたいと思った。最近の物語はどんどん未来へ世界へと向かうけれど、生活の向上ばかり考えて何でも便利で簡単になった今、先祖を振り返りどういう哲学がそこにあったのかと探ること。そこに時代劇の意味がある」と語った。

薄桜記」は、BSプレミアムで7月13日午後8時から放送開始。

Mother DVD-BOX[DVD] Mother DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,204 女性たちがそれぞれの生きる道の中で、自分を見つめ直し自身で生き方を探し求めていく、現代を生きる女性たちの物語。出演:山本耕史
天城越え[DVD] 天城越え[DVD] 最安価格: ¥3,756 大正十五年の夏。読書好きで向学心に燃える少年が、不幸で自堕落な人生を送ってきた酌婦と出会い、彼女と旅をする中で大人へと成長していく様を描く。出演:長塚京三

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi