「桐島」佐藤貴博プロデューサー、テレビ局の映画製作について語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月4日 > 「桐島」佐藤貴博プロデューサー、テレビ局の映画製作について語る
メニュー

「桐島」佐藤貴博プロデューサー、テレビ局の映画製作について語る

2012年8月4日 22:50

映画業界を目指す高校生たちに思いを語る3人「桐島、部活やめるってよ」

映画業界を目指す高校生たちに思いを語る3人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督、佐藤貴博プロデューサー、渡辺尊俊宣伝プロデューサーが8月4日、東京・東放学園映画専門学校のオープンキャンパスで行われた同作の特別試写会に出席し、ティーチインイベントに参加した。3人は、映画業界を志す高校生たち約50人に、それぞれの役割や立場を通しての今作への思いを語った。

GANTZ」シリーズや「君に届け」など、これまでに12本の映画を手がけてきた佐藤プロデューサーは、日本テレビの映画事業部所属。「映画のプロデューサーになりたいのになぜテレビ局に入ったのか?」という高校生からの質問に、佐藤プロデューサーは「映画と遊園地の仕事がしたかったんです(笑)。某テーマパークの会社は、入社試験の最終審査で落とされましたが……」と告白。そして、逆に「皆さん、テレビ局映画にどういう印象を持っていますか? テレビ局で映画を作っていると、いろいろ言われるんです」と高校生たちに問いかける。

さらに、「ドラマを映画化したり、バラエティで宣伝してお手軽に公開しやがってと。そういう論調があるのは確か。そういう宣伝的優位があるからヒットしていると思われがちですが、僕たちテレビ局の社員も毎日必死になってどうやってお客さんを喜ばせようか全力で考えているんです」と本音を語る。今作についても、「“桐島”はテーマや構成などが、これまでのテレビ局映画と比べると異質な印象を持たれるかもしれませんが、根本の思いは他の映画と変わりません」と熱く説いた。

メガホンをとった吉田監督は、オファーを受ける条件としてオーディションをワークショップ形式で行ったといい「ゲームをやってもらったり、ただ遊んだり寸劇をやったり、いろいろなことをやりました。大人と向かい合っている時とは全然表情が違うし、そういうのを見ながら決めていったんです」と述懐。渡辺宣伝プロデューサーは、「この映画は見てくれた人が体感できる映画。若い人たちに見てもらって、皆に参加して楽しんでもらいたいという思いで“全員、桐島に振り回される。”というキャッチコピーを考えたんです」と話した。

第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウ氏の原作を映画化する今作は、田舎の高校を舞台に、バレー部のキャプテン・桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、校内の人間関係が微妙に変化していくさまを、時間軸や視点を転換しながら大胆に描く。主演を神木隆之介が務めるほか、橋本愛大後寿々花東出昌大ら人気若手俳優が顔をそろえる。

桐島、部活やめるってよ」は、8月11日から全国で公開。

GANTZ[DVD] GANTZ[DVD] 最安価格: ¥2,570 週刊ヤングジャンプで連載の奥浩哉原作コミックを二宮和也、松山ケンイチで映画化。黒い謎の球体-GANTZ-に召還され、異形の星人を殺さなければ脱出できないという理不尽な状況に追い込まれた2人を軸に、死んだはずの人間たちが巻き込まれる戦いを描く。プロデューサー:佐藤貴博
君に届け スタンダード・エディション[DVD] 君に届け スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,923 長い黒髪と陰気な見た目のせいで「貞子」と呼ばれ、クラスメイトから避けられてきた黒沼爽子が、高校に入学して、明るく爽やかで男女問わず人気のある風早翔太と同じクラスになったことで勇気をもらい、友達をつくり、恋をしていく姿を描いた学園青春ストーリー。プロデューサー:佐藤貴博

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi