窪塚洋介、キャリア振り返り「昔も今も全然ピークだと思っていない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月28日 > 窪塚洋介、キャリア振り返り「昔も今も全然ピークだと思っていない」
メニュー

窪塚洋介、キャリア振り返り「昔も今も全然ピークだと思っていない」

2012年3月28日 22:05

「モンスターズクラブ」に出演する窪塚洋介「モンスターズクラブ」

「モンスターズクラブ」に出演する窪塚洋介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 瑛太が主演した映画「モンスターズクラブ」の公開記念イベントが3月28日、東京・代官山蔦屋書店で行われ、俳優の窪塚洋介豊田利晃監督とともに登場した。

ふたりはかねて親交があり、窪塚は豊田監督のデビュー作「ポルノスター」で「脇腹を刺されたような印象」を受けたという。一方の豊田監督は、「(窪塚は)役者という範ちゅうに収まらない希有(けう)な人。背景にいろいろなものを持っている人が好きだけれど、役者で背景がある人は少ない」と魅力を説明し、「現代のショーケン(萩原健一)と言える人。映画のフレームをはみ出して収まりきらない」と絶賛した。

10代からのキャリアを振り返った窪塚は、「昔も今も全然ピークだと思っていない」とキッパリ。瑛太との共演は「上から目線で言いすぎているかなと思ったけど、オレは“横から”目線!」だといい、自分の役者としての姿勢は「自分の道が世の中のメインストリームと一致したり外れることもあるけれど、作品を選ぶ純度は上がっている。今はインターネットの拡大によって、マスコミへの怒りが緩和された」。そして、「耳当たりがよく、口当たりのよい情報に浸かって育った世代だけれど、自分らしく生きていくため必要な物は自分の中にある」と持論を展開した。

今作は、アメリカを震撼(しんかん)させた爆弾魔ユナボマーに着想を得て製作。現代日本の雪山にこもり、日本社会に爆弾を送り続ける青年・良一の姿を通して、人間性の回復を描く。豊田監督と4度目のタッグとなる瑛太、窪塚をはじめKenKen、草刈麻有、ピュ~ぴる、松田美由紀らが出演している。

この日、多くのファンが詰めかけ、窪塚と豊田監督に質問をぶつけた。撮影中のエピソードについては、「氷点下15度のなか、約2週間で撮影を行った。仮眠仮眠でカミングアウトでした」(豊田監督)、「現場がすごくシーンとしていた。いい現場っていうと活気があるイメージだったけれど、それを超越した神社のような神聖な空気があり、最高の舞台を用意してもらった」(窪塚)と述懐。そして、豊田監督は「覚悟がないと映画はつくれない。そうでないと全部ウソだとばれてしまう。あとは誠実であること」と真しな眼差(まなざ)しをのぞかせた。

モンスターズクラブ」は、4月21日から全国で公開。

俺は、君のためにこそ死ににいく[DVD] 俺は、君のためにこそ死ににいく[DVD] 最安価格: ¥2,335 若き特攻隊員たちに慕われた“特攻の母”鳥濱トメの視点から、はかなく散った若者たちの青春模様を綴る。窪塚洋介出演。
青い春[DVD] 青い春[DVD] 最安価格: ¥4,044 松本大洋の同名短編集コミックを原作に描く、ある男子校を舞台に繰り広げられる不良学生たちの痛切なまでの青春群像。豊田利晃監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi