豊田利晃監督、渋谷スクランブル交差点でゲリラ撮影 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月24日 > 豊田利晃監督、渋谷スクランブル交差点でゲリラ撮影
メニュー

豊田利晃監督、渋谷スクランブル交差点でゲリラ撮影

2011年11月24日 12:43

最新作「モンスターズクラブ」について語った豊田監督「モンスターズクラブ」

最新作「モンスターズクラブ」について語った豊田監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 豊田利晃監督の最新作「モンスターズクラブ」が11月23日、東京・有楽町朝日ホールで、第12回東京フィルメックスの特別招待作品として上映され、豊田監督が上映後のティーチインに登壇した。

現代社会を捨て、雪山の小屋で自給自足の生活をおくりながら、企業やテレビ局に爆弾を送り続けている良一(瑛太)はある日、森で出会った奇妙な“怪物”に導かれ、さらなる闇の世界へと誘われる。撮影は今年2月、山形県の山奥で行われ「瑛太のお父さんが亡くなったり、その後に震災があったり……。僕と瑛太にとって、特別な作品なので、今年中に見てもらいたかった。フィルメックスで上映されて光栄」と思いを語った。

編集中に東日本大震災が発生し「震災が作品そのものに影響を与えたということはないが、見え方はかなり変わったと思う。主人公は社会を否定している人間。震災後は原発やテレビ局への批判も高まったし、この作品のメッセージはより伝わると思った」。一方で、震災後、映画作りを続けていいのかと悩むこともあったといい「最終的には見る人が、どう見るかが重要」と解釈を観客に委ねた。

ラストシーンのロケ地は、雪が舞う東京・渋谷のスクランブル交差点。監督デビュー作「ポルノスター」(98)の冒頭が同地で撮影されており、「今回は、そこで終わらせるのが面白いかなと。あそこに雪を降らせるのはスリリングで、実際、警察が来たんでさっさと逃げました」とゲリラ撮影の敢行を明かした。

また、本作は実在するアメリカの爆弾魔セオドア・カジンスキー(通称ユナボマー)の犯行声明文にインスパイアされており、「彼の家族の物語が興味深かった。実際、影響を受けたのは、主人公が暮らす山小屋や爆弾の造形。ユナボマーにも見てもらいたいと思います」。すでに9月に沖縄で新作を撮了しているというが「詳しいことは何も話すなと言われているので」と口を閉ざした。

モンスターズクラブ」は2012年GWに公開。

青い春[DVD] 青い春[DVD] 最安価格: ¥4,044 時間を持て余し、退屈な日々を過ごす高校三年生の姿を描いた青春群像劇。豊田利晃監督作品。
空中庭園[DVD] 空中庭園[DVD] 最安価格: ¥1,642 直木賞作家・角田光代の原作小説を豊田利晃が映画化。家族の再生をテーマに独自の視点で描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi