瑛太「辛いとき一緒にいてくれた」窪塚洋介の支えに感謝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月23日 > 瑛太「辛いとき一緒にいてくれた」窪塚洋介の支えに感謝
メニュー

瑛太「辛いとき一緒にいてくれた」窪塚洋介の支えに感謝

2012年2月23日 21:40

互いに称えあった窪塚洋介と瑛太「モンスターズクラブ」

互いに称えあった窪塚洋介と瑛太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の瑛太が2月23日、都内で行われた主演作「モンスターズクラブ」のプレミア試写会に、メガホンをとった豊田利晃監督、共演する窪塚洋介草刈麻有、ピュ~ぴる、KenKenらとともに舞台挨拶に立った。

本作撮影中の2011年2月、肉親の急死を経験し「この1年、いろいろありました。辛いこともあった」と胸中を告白。そんな瑛太を支えたのが、窪塚だったといい「ずっと一緒にいてくれた。ものすごくたくさん話をしたり、逆に何時間も無言だったり……。死生観って何だろうって考えさせられたし、窪塚さんに救われた」と感謝を示した。一方、主人公の兄を演じる窪塚は「瑛太はすごく凛としていた。おれが同じ立場だったら、絶対に(演技は)できない。すごいと思ったのはおれのほう」と瑛太の役者根性をたたえた。

現代社会を捨て、雪山の小屋で自給自足の生活をおくりながら、企業やテレビ局に爆弾を送り続けている良一(瑛太)はある日、森で出会った奇妙な“怪物”に導かれ、さらなる闇の世界へと誘われる。豊田監督が全米を震撼させ続けた爆弾魔、通称ユナボマーにインスパイアされ、オリジナルのシナリオを書き上げた。

瑛太が豊田作品に出演するのは、デビュー作「青い春」(2002)、「ナイン・ソウルズ」(03)、「空中庭園」(05)に続き4回目。初の主演起用に、豊田監督は「やっぱり、この映画は瑛太で良かった。瑛太がもつストイックな感じが、引き出せると思ったし、新しい魅力が発揮された」と胸を張る。また、窪塚は「ユナボマーと豊田監督。これはやるしかないと思った」と初タッグに手応え十分。「今は古い世界がぶっ壊れてる真っ最中。この映画がぶっ壊す爆弾になれば」と熱弁していた。

モンスターズクラブ」は4月21日から公開

青い春[DVD] 青い春[DVD] 最安価格: ¥4,044 豊田利晃監督が松本大洋の同名短編集コミックを原作に描く、ある男子校を舞台に繰り広げられる不良学生たちの痛切なまでの青春群像。出演:瑛太
池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX[DVD] 池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 ギャングの抗争、少女の殺人などを背景に、今どきの若者の現実をポップに描いているハイテンションな傑作ドラマ。出演:窪塚洋介

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi