ゲイ差別発言のラトナー監督、ゲイ擁護団体PRビデオ制作で名誉挽回へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月18日 > ゲイ差別発言のラトナー監督、ゲイ擁護団体PRビデオ制作で名誉挽回へ
メニュー

ゲイ差別発言のラトナー監督、ゲイ擁護団体PRビデオ制作で名誉挽回へ

2012年2月18日 18:26

失言でアカデミー賞授賞式プロデューサーを降板

失言でアカデミー賞授賞式プロデューサーを降板
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゲイ差別発言で批判を浴び、アカデミー賞授賞式プロデューサーの職を降板したブレット・ラトナー監督が、批判の先頭に立った同性愛者擁護団体と手を組み、啓蒙ビデオのプロデュースと監督を務めることになった。

ラトナー監督は昨年11月、アカデミー賞授賞式のリハーサルについて聞かれた際に「リハーサルなんてオカマのやることだ」と発言。各所から猛抗議を受け謝罪声明を発表したものの、授賞式の司会に決定していたエディ・マーフィとあわせて降板する事態にいたった経緯がある。

今回、ラトナーとともにビデオキャンペーンを行うのは、同性愛者擁護団体GLAAD(Gay & Lesbian Alliance Against Defamation: 中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)。同団体の発表によれば、ビデオにはハリウッドセレブやアスリート、ミュージシャン、政治家が登場し、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)コミュニティ支持を表明してカミングアウトする内容になり、シリーズ化が予定されている。

ラトナー監督は、「GLAADとの共同作業を通して、自分も非常に勉強になりました。人間はみな平等であるということを啓蒙する手助けとなる重要なキャンペーンにかかわることができて、これほど喜ばしいことはありません」とのコメントを発表。今回のキャンペーンを通して、名誉挽回をはかりたい意向を明らかにした。

なお、同キャンペーンには、ラトナーの後任としてアカデミー賞授賞式プロデューサーに就任したブライアン・グレイザーや、ブライアン・シンガー監督もかかわることがわかっている。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO クアドリロジーBOX[DVD] ウルヴァリン:X-MEN ZERO クアドリロジーBOX[DVD] 最安価格: - 突然変異によって特殊な能力に目覚めた“ミュータント”たちの物語を描いた人気シリーズ4作をセットにしたクアドリロジーBOX。監督:ブレット・ラトナー
Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 DVD-BOX[DVD] Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 無愛想でアウトローな天才医師、グレゴリー・ハウスが難病に挑む医療ドラマのフォースシーズンのBOX。監督:ブライアン・シンガー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi