エディ・マーフィ、アカデミー賞授賞式司会を降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月10日 > エディ・マーフィ、アカデミー賞授賞式司会を降板
メニュー

エディ・マーフィ、アカデミー賞授賞式司会を降板

2011年11月10日 20:17

ラトナー監督の辞任を受けての降板「ペントハウス」

ラトナー監督の辞任を受けての降板
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来年2月26日に開催される第84回アカデミー賞授賞式の司会者に決定していたエディ・マーフィが、突如降板したと全米各紙が一斉に報じた。

授賞式のプロデューサーで、マーフィの最新作「ペントハウス」の監督でもあるブレット・ラトナーが問題発言で降板に追い込まれたことを受け、降板を表明。ラトナー監督への忠誠心の表れだと評価する声があがる一方で、自己中心的な行動であるとの批判が大勢を占めており、ハリウッド・レポーター紙はキャリア最大のミスであると報じている。

マーフィは、「ドリームガールズ」の助演男優賞にノミネートされた2007年のアカデミー賞授賞式で、ライバルのアラン・アーキン(「リトル・ミス・サンシャイン」)が受賞した直後に、途中退席したことで知られている。アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、映画産業における芸術と科学の発展を目的としており、同団体の大義よりも自身のプライドや都合を優先させるマーフィの姿勢は、業界の有力者の多くが所属するアカデミーの心証を悪化させたことは確実だ。

なお、同アカデミーは、ラトナー監督の後任としてブライアン・グレイザーが新プロデューサーに決定したことを発表。グレイザーは、ロン・ハワード監督のパートナーとして数多くの作品を手がけているベテランプロデューサーで、「ペントハウス」や、クリント・イーストウッド監督の最新作「J・エドガー」も手がけている。

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: - 最高にゴージャスな夢のエンターテインメントが誕生!ブロードウェイの大ヒットミュージカルを、絢爛たる実力派キャストで映画化。エディ・マーフィー出演。
ホーンテッドマンション 特別版[DVD] ホーンテッドマンション 特別版[DVD] 最安価格: ¥1,000 ディズニーの人気アトラクションをエディ・マーフィ主演で映画化したホラーコメディ。南北戦争前に建てられた不気味な屋敷に足を踏み入れた一家に振りかかる恐怖をユーモラスに描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi