May J.が岡本あずさ主演サスペンスで映画主題歌に初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月4日 > May J.が岡本あずさ主演サスペンスで映画主題歌に初挑戦
メニュー

May J.が岡本あずさ主演サスペンスで映画主題歌に初挑戦

2012年2月4日 07:00

公開リハーサルで熱唱するMay J.「センチメンタルヤスコ」

公開リハーサルで熱唱するMay J.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] R&BシンガーのMay J.が2月3日、東京・渋谷のClub Camelotで行われた映画「センチメンタルヤスコ」の取材会に、主演の岡本あずさとともに出席した。

May J.は、初となる映画の主題歌(「Only one」)の書き下ろしを担当。アルバム制作中にオファーを受けたそうで、「ものすごくうれしくて、テンションがあがった!」と感激しきり。本作の観賞後に作詞に取りかかり、「自分のことを好きになれないと、誰かを好きになることはできない。誰かを好きになることの大切さを伝えたい。前向きになってもらいたい」と楽曲に込めた思いを明かした。

今作は、人間の闇に焦点を当て、抱えた痛みや愛を掘り下げる。何者かに首を絞められ、意識不明の重体で病院に搬送されたキャバクラ嬢ヤスコ。容疑者として、ヤスコの恋人だった7人の男が浮かび上がる。しかし、7人の証言は食い違っており、隠されていたヤスコの過去が明らかになっていく。

真木よう子が主演した「ベロニカは死ぬことにした」の堀江慶監督が手がけた、劇団CORNFLAKESの同名演劇を映画化。岡本をはじめ池田成志滝藤賢一和田正人坂田聡仁科貴高木万平我妻三輪子山崎一ら個性派俳優が出演した。

これまで清純な役どころを演じてきた岡本は、過去に傷を負った女性ヤスコを体当たりで熱演。「自分とは違う境遇だったけれど、演じているうちにプライベートもヤスコになりきっていました。体重も3キロ減っちゃって」と女優魂を見せた。「ひとつひとつのセリフをここまで考えたのは初めて」と役に向き合い、「愛や命など大きなテーマがあります。(東日本大)震災があって、愛や命に敏感になっている時期なので、いろんな人に見てもらって共感してほしい」と真しな眼差(まなざ)しをのぞかせた。

この日、May J.は公開リハーサルで主題歌「Only one」を披露。のびやかな歌声と力強いパフォーマンスで歌いきり、集まった報道陣を魅了した。

センチメンタルヤスコ」は、春に全国で公開。

勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX[DVD] 勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥13,132 世界一バカバカしく、世界一くだらない。しかし世界一感動するかもしれない勇者の旅!出演:岡本あずさ
ベロニカは死ぬことにした[DVD] ベロニカは死ぬことにした[DVD] 最安価格: ¥3,926 人生に絶望し自ら自殺を図った主人公が、サナトリウムの患者たちの生き方に触れながら本当の自分を見つけ、人を愛することを知る。しかし、彼女の命はあと7日と宣告され…監督:堀江慶

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi