岡本あずさ、主演映画「センチメンタルヤスコ」でベッドシーンに挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月6日 > 岡本あずさ、主演映画「センチメンタルヤスコ」でベッドシーンに挑戦
メニュー

岡本あずさ、主演映画「センチメンタルヤスコ」でベッドシーンに挑戦

2011年6月6日 05:03

単独では初主演となる岡本あずさ「センチメンタルヤスコ」

単独では初主演となる岡本あずさ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女性ファッション誌「Seventeen」のモデル出身の若手女優・岡本あずさが、サスペンス映画「センチメンタルヤスコ」で、単独では初めて主演を務めることになった。7人の男と“関係”をもつキャバ嬢ヤスコを演じる岡本は、初めて脚本を読んだ当初は「ヤスコと自分の境遇があまりに違うことに戸惑った」という。それでも、「何度も読み返すうちにヤスコ自身が“愛”の表現すべてだと思えるようになり、涙が止まらなくなりました。ベッドシーンは緊張しますが、全力でぶつかっていきます」と意気込んでいる。

ドラマ「ケータイ刑事 銭形命」の主演で知られる岡本。同じ所属事務所スターダストプロモーションの大政絢、岡本杏里と共演した映画「ケータイ刑事 THE MOVIE3 モーニング娘。救出大作戦! パンドラの箱の秘密」に続く主演作となる。

メガホンをとる堀江慶監督が主宰する演劇ユニット「CORNFLAKES」の旗揚げ作品だったのが、「センチメンタルヤスコ」。救急病棟の待合室で繰り広げられる、倫理観ゼロのノンストップバイオレンスサスペンスで、旗揚げ公演時には主人公ヤスコを小田茜が演じ、2500人を動員した。

両親の命日になると自殺未遂を繰り返してきたヤスコ(本名は黒澤東花)は、何者かによりひも状のもので首を絞められ、意識不明の重体で救急病院に収容中。警察は現場に残された被害者の携帯電話から容疑者を特定し、ベテラン刑事・山仲は年齢も仕事も異なる男7人と対じする。午前0時から夜明けまで、ノンストップで展開されるサスペンス回顧録。ヤスコと7人の男たちの「愛の形」が浮き彫りになり、衝撃の過去が次々と明かされていく。

共演は、滝藤賢一和田正人仁科貴山崎一池田成志ら。

センチメンタルヤスコ」は、2012年春に公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi