生田&吉高W主演「僕等がいた」完成 「ニヤニヤしながら見て」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月30日 > 生田&吉高W主演「僕等がいた」完成 「ニヤニヤしながら見て」
メニュー

生田&吉高W主演「僕等がいた」完成 「ニヤニヤしながら見て」

2012年1月30日 20:30

完成作に自信の吉高由里子「僕等がいた 前篇」

完成作に自信の吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計発行部数1000万部を突破する人気少女漫画を実写化した「僕等がいた 前篇」の完成披露イベントが1月30日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、ダブル主演の生田斗真吉高由里子、メガホンをとった三木孝浩監督が出席。淡い恋模様と、その後に待ち受ける宿命を描く本作。生田は「青春を思い出し、ニヤニヤしながら見てほしい」とアピール。吉高も「やっぱりニヤニヤしちゃいますよね。きっと心のサイレンが鳴り響くはず」と同調した。

人気者でありながら心に大きな闇をもつ矢野元晴(生田)と、矢野を一途に思い続ける高橋七美(吉高)の10年以上にわたる壮大なラブストーリーの“回想録”を描く。原作は第50回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞した小畑友紀の国民的ベストセラー。東宝とアスミック・エースが共同配給し、前後編2部作連続で公開する。

前編は高校時代が舞台となっており「高校生から24、25歳までを演じるので、矢野の歴史や成長を皆さんにお見せしたかった。吉高さんの制服姿がとても似合っていましたね」(生田)、「私は高校が定時制だったら、今回は学生生活を疑似体験させてもらった。生田さんの学ラン姿が新鮮で格好良かった」(吉高)と互いの制服姿をほめ合っていた。

原作ファンも多いだけに「プレッシャーもあった」(吉高)。それでも生田は「超いい映画だなって思います。『なぜあの頃に戻れないんだろう』っていうもどかしさを感じてもらえたら。運命は待ってるものじゃなく、自分で切り開くもの。信じ続ければ、奇跡は起こる」と力強いコメント。前例のない2部作の連続公開にも「一番いい形で原作を映像化できた」と自信満々だ。一方の吉高も「前後編に分けた意味がある作品。きっと見ていただければ、ちょっとした恋心を大切にしたくなるはず」と笑顔を見せた。

三木監督は「このふたり、付き合っているのかなって思うほど、息がぴったり。まだ、恋人同士ではない時点でかなり仲が良かったから、『もうちょっと抑えて』とお願いした」と生田&吉高の初共演を述懐。原作コミックは現在も連載中で「小畑先生とも話し合い、原作も映画も目指す方向はほぼ一緒になっている。恋をしたくなる映画に仕上がった」と満足そうだった。

僕等がいた 前篇」は2012年3月17日、「僕等がいた 後篇」は4月21日から全国で公開。

魔王[DVD] 魔王[DVD] 最安価格: ¥14,208 韓国で社会現象を巻き起こした同名作を、嵐のリーダー・大野智主演でリメイクしたサスペンスドラマのBOX。出演:生田斗真
蛇にピアス[DVD] 蛇にピアス[DVD] 最安価格: ¥3,036 金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が完全映画化!主演:吉高由里子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi