吉高由里子「50年後が楽しみ」最新ロボットに興味津々 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月14日 > 吉高由里子「50年後が楽しみ」最新ロボットに興味津々
メニュー

吉高由里子「50年後が楽しみ」最新ロボットに興味津々

2012年1月14日 15:11

吉高由里子、最新ロボットにびっくり「ロボジー」

吉高由里子、最新ロボットにびっくり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 矢口史靖監督の最新作「ロボジー」が1月14日、全国278スクリーンで封切られ、矢口監督をはじめ、「五十嵐信次郎」名義で主演デビューを飾ったミッキー・カーチス吉高由里子濱田岳、川合正悟(Wエンジン)、川島潤哉が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台挨拶に登壇した。劇中にも登場する最新ロボットが応援に駆けつけ、ご自慢のパフォーマンスを披露すると、吉高は目を丸くし「50年後、100年後が楽しみ」と興味津々の様子だった。

舞台挨拶に登場したのは村田製作所の「ムラタセイサク君」、ヴイストン株式会社の「ヴイストンティクノ」「オムニゼロポイント7」「オムニゼロポイント9」「アルクノン?」の計5体。なかでも、ヴイストンティクノは会話機能が搭載されており、「君はしゃべれないよね?」と、劇中に登場するロボット「ニュー潮風」を挑発した。ライバル心に火がついたニュー潮風は“おてもやん”の舞いを披露し、機動性をアピール。「やっぱり君はかなわない」(ヴイストンティクノ)と軍配はニュー潮風に上がった。

ロボット博の開催を前に、自社開発のニュー潮風を大破させてしまった弱小家電メーカーの社員3人(濱田、川合、川島)が、苦肉の策でロボットの中に人間のおじいちゃん(五十嵐)を入れ、急場をしのごうとする。一方、ロボットおたくの女子大生(吉高)はニュー潮風に一目ぼれしてしまう。年齢差50歳の共演も「差は感じなかったね」(五十嵐)、「こんなクソガキ相手に、ありがとうございます」(吉高)。矢口監督は「脚本を書き始めたのは2006年頃。ロボットとおじいちゃんの取材を重ねて、部品を組み合わせながら完成した作品」と誇らしげだった。

GANTZ PERFECT ANSWER[Blu-ray/ブルーレイ] GANTZ PERFECT ANSWER[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,728 奥浩哉の人気コミックを、二宮和也と松山ケンイチ主演で映画化したSFアクションの完結編。出演:吉高由里子
蛇にピアス[DVD] 蛇にピアス[DVD] 最安価格: ¥3,036 金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が完全映画化!主演:吉高由里子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi