黒沢かずこ、主演女優の悩みは「更年期のヒゲ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月26日 > 黒沢かずこ、主演女優の悩みは「更年期のヒゲ」
メニュー

黒沢かずこ、主演女優の悩みは「更年期のヒゲ」

2011年11月26日 16:27

主演女優としての悩みを明かした黒沢かずこ「クロサワ映画」

主演女優としての悩みを明かした黒沢かずこ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこが本人役で主演を務める「クロサワ映画2011 笑いにできない恋がある」が11月26日、東京の新宿バルト9で封切られ、黒沢、コン・テユ椿鬼奴光浦靖子大久保佳代子イ・テガンらキャスト一同が、渡辺琢監督とともに舞台挨拶に立った。サンタクロースの衣装で登場した黒沢は、「自分の映画ができるなんて想像もしていなかった。女芸人って格好いいなと思ってもらえたらうれしい。揺れ動く女心を描いた幸せなラブコメディです!」と挨拶した。

メンバーでただひとり未婚の黒沢の芸人としての悲哀と葛藤を描き、第2回沖縄国際映画祭でグランプリと審査員特別賞の2冠を達成した「クロサワ映画」の続編。黒沢は、「1作目に比べて体のボリュームがアップしてしまったので、マフラーなどで小顔に見せていた。更年期でヒゲも生えてきてしまって」と主演女優とは思えない悩みを暴露。しかし相手役のテユは、「黒沢さんにはキム・テヒばりの透明感とチェ・ジウ並みのナチュラルさがある」と絶賛。すると光浦が、「その気にさせないで!」と黒沢の女心を気づかうひと幕もみられた。

椿は、「私の役は『セックス・アンド・ザ・シティ』のサマンサそのまま。男と出会った次の日にベッドインするなんて、実生活でもできたらどんなにいいだろう」と妄想を募らせた。キスシーンに挑戦した大久保も、「キスって本当に気持ちいい。お金で男の気持ちを買うのは大いに結構」と開き直ったが、相手役のテガンに「大久保さんはキスがあまりうまくなくて、監督に『ヘタクソ』と言われていた」と明かされ、赤面していた。

また、「森三中」の大島美幸村上知子も応援に駆けつけ、ひと足早いクリスマスプレゼントとして観客にハート形のカイロを配った。既婚の村上は、「黒沢さんにとって結婚が幸せとは限らない。だけど男とはどんどん遊んだ方がいい。極端な話、欲情するなら雄のカバでもいい」とスパルタ恋愛指南。大島も、「体臭には気をつけろ! 体から人生のえぐみ、臭みが出ている」と注意し、爆笑を誘った。

グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き[DVD] グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き[DVD] 最安価格: ¥5,076 愛猫を失った悲しみで漫画が描けなくなってしまった漫画家・麻子は、かわいい子猫と運命的な出会いを果たす。森三中出演。
子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち[DVD] 子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち[DVD] 最安価格: ¥2,081 映画「子ぎつねヘレン」の公開を記念して製作された、笑いと愛と涙のショートムービー。森三中出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi