映画誌編集長らが“こたつ”に入ってジブリ談議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月16日 > 映画誌編集長らが“こたつ”に入ってジブリ談議
メニュー

映画誌編集長らが“こたつ”に入ってジブリ談議

2011年11月16日 13:37

“こたつ”に入ってジブリ談議「ハウルの動く城」

“こたつ”に入ってジブリ談議
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリの「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)、「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督)のブルーレイディスク発売記念トークイベントが11月15日、東京・恵比寿ガーデンルームで行われ、カルチャー雑誌「CUT」の内田亮編集長、児童文学誌「MOE」の新村晃一編集長、「DVD&ブルーレイでーた」の長谷川暢紀編集長代理が出席。「スタジオジブリが児童文学をアニメにすると、こうなる」をテーマに、“こたつ”に入ってジブリ談議に花を咲かせた。

両作とも世界的に著名な児童文学を原作に、ジブリ独自の脚色が施されており、公開時には原作ファンの間で賛否両論が巻き起こった。内田氏は「映画は作った監督のものだし、作り手の考えや解釈が反映されていないと面白くない。濃いファンが多い作品は責任も果たさなければいけないが、原作をそのまま再現した映画を見る必要はない」と断言。「ハウルの動く城」は「結構、破天荒な映画だが、いま見直すと宮崎監督が映画のフォーマットを覆そうとしているのがわかり面白い」、「ゲド戦記」については「吾朗監督はこじんまりしたドラマを作りたい人。『コクリコ坂から』の後で見直すと全然違う印象を受ける」と評した。

新村編集長は、「児童文学は幼少期に触れるので、まるで宝物のような輝きを放つ。それだけに原作ファンを100%満足させる映画を作るのは非常に難しい」と分析し、映画化の際に大切なのは「製作者が(原作の)最重要ポイントをしっかり提示すること」。また、スタジオジブリが映画化することによって、忘れかけられた原作に再び光が当たることの意義を評価した。

今回のブルーレイ化について、長谷川氏は「ジブリ作品で重要なのは、公開当時のフィルムの感触を残すこと。クリアだが手描き感があり、やわらかい印象を受ける。当時の色をそのまま再現するのも、ブルーレイでしかできない」と見どころを解説した。

ハウルの動く城」、「ゲド戦記」ブルーレイディスクは11月16日発売。

ハウルの動く城[Blu-ray/ブルーレイ] ハウルの動く城[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,000 魔女により老婆に変えられてしまった少女と魔法使いハウルが“動く城”で奇妙な共同生活を始める。ふたりの恋を通して、生きる楽しさや愛する歓びを描く。
ゲド戦記[Blu-ray/ブルーレイ] ゲド戦記[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,406 国を捨てた王子アレンと、世界中で起こる異変の源を突き止める旅に出た大賢人ゲドの出会いと交流を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi