長澤まさみ「コクリコ坂から」初日に司会の大役 キャスト&客席は爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月16日 > 長澤まさみ「コクリコ坂から」初日に司会の大役 キャスト&客席は爆笑
メニュー

長澤まさみ「コクリコ坂から」初日に司会の大役 キャスト&客席は爆笑

2011年7月16日 13:54

司会を務めた長澤まさみ「コクリコ坂から」

司会を務めた長澤まさみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」が7月16日、全国457スクリーンで公開され、宮崎吾朗監督をはじめ、声優を務めた長澤まさみ岡田准一石田ゆり子柊瑠美内藤剛志風間俊介香川照之が舞台挨拶に立った。

この日は、主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」を歌った手嶌葵のライブから始まる3部構成。キャストによる舞台挨拶では、長澤が司会として登場し「ジブリの鈴木敏夫プロデューサーから任命され、この大役を務めさせていただきます」と緊張気味だ。自らの役どころの説明時には、新聞部を「しんぶうぶ」と言ってしまい、舞台袖で見ていた鈴木プロデューサーから「しっかりしろ~!」と“激励”を受けるひと幕も見られた。

場内が大盛り上がりのなか、岡田は「長澤さんの緊張が伝わってきて僕もガチガチ」と苦笑い。香川は、長澤から「アンジェリーナ・ジョリーさんです!」と紹介されると、「やめてくれと土下座して頼んだのですが……」。これには、風間が「どうしてもアンジェリーナと呼んでくれとお願いしていたじゃないですか!」とツッコミを入れ、喝さいを浴びていた。

その後も長澤の“迷”司会ぶりは続き、それぞれが高校時代の思い出を話す場面では、岡田が「仲間たちが『一緒に卒業しよう』と言ってくれ、毎朝電話で起こしてくれた」と明かすと、「いい青春をお過ごしですねえ」とボソリ。石田が「当時は携帯電話もなく、黒電話がひとつだけ。男の子から電話があってもつないでもらえなかった」と述懐すると、「せつないですねえ」。客席が爆笑のなか、「とても和気あいあいとした舞台挨拶になったと自負しております」と胸を張った。

同作は、「なかよし」(講談社刊)で1980年1~8月号に連載されていた少女漫画が原作。平凡な女子高生の海(長澤)が、新聞部の風間俊(岡田)や生徒会長の水沼史郎のペースに巻き込まれながら、ドタバタな日常生活をおくる姿を笑いあり、涙ありで描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi