ジブリ鈴木P「歌い手として成長した」手嶌葵に脱帽 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月21日 > ジブリ鈴木P「歌い手として成長した」手嶌葵に脱帽
メニュー

ジブリ鈴木P「歌い手として成長した」手嶌葵に脱帽

2011年8月21日 20:51

全17曲を熱唱した手嶌葵「コクリコ坂から」

全17曲を熱唱した手嶌葵
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の手嶌葵が8月21日、映画「コクリコ坂から」(宮崎吾朗監督)の公開を記念したコンサートを横浜・神奈川県立音楽堂で開催した。約1000人のファンを前に、同作の主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」や、デビュー曲で映画「ゲド戦記」のテーマ曲「テルーの唄」など計17曲を熱唱。合間にはスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが登場し、「客席から見てたけど、葵ちゃん、成長したよね。歌い手としての成長を感じる」と脱帽していた。

手嶌はこの夏、名古屋、大阪、福岡で単独コンサートを行ったほか、映画と連動した全国キャンペーンを約30カ所で敢行。その集大成であり、映画の舞台でもある横浜でのコンサートに緊張したのか、1曲目でいきなり歌詞を間違えてしまうハプニングも。「ごめんなさい。吾朗さんが作詞してくださった曲なので、逆に気張ってしまって」と釈明したが、その後は、透明感あふれる歌声と歌唱力で、客席に癒しを届けた。

鈴木プロデューサーは「見ていて、葵ちゃん自身がとても幸せそう。以前はお客さんが緊張を強いられていたけど(笑)、今はお客さんへのアピールがしっかり見えている」とその成長に驚いた様子。「誰かいい人でもできたの? 変わった実感はあるの?」と問いつめると、手嶌は「私自身も変わりたかったんです。成長した姿をお見せしたいという気持ちが強かった」と自信の表情を浮かべていた。

この日、吾朗監督の姿はなく「今、吾朗さんは奥さんの実家がある秋田県の酒田市にいるんですよ。奥さんがちょっと怖い人で(笑)、『私を選ぶのか、葵ちゃんを選ぶのか』って……。本当は今日も来たがっていたんですけど」(鈴木プロデューサー)。手嶌は「吾朗さんにはいっぱいアドバイスをいただき、歌詞も書いてもらってありがたい」と感謝の意を表した。

コクリコ坂から」公開記念/手嶌葵コンサート演奏曲
1.エスケープ
2.朝ごはんの歌
3.懐かしい街
4.旗
5.The Rose
6.テルーの唄
7.やさしさに包まれたなら
8.並木道 帰り道
9.赤い水底
10.さよならの夏~コクリコ坂から~
11.紺色のうねりが
12.雨
13.春の風
14.初恋の頃
15.愛をこめて。海
16.上を向いて歩こう(アンコール)
17.さよならの夏~コクリコ坂から~(アンコール)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi