三谷幸喜、「コクリコ坂」乗り越え本年度邦画No.1目指す : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月13日 > 三谷幸喜、「コクリコ坂」乗り越え本年度邦画No.1目指す
メニュー

三谷幸喜、「コクリコ坂」乗り越え本年度邦画No.1目指す

2011年11月13日 15:09

興収22億円を突破した「ステキな金縛り」「ステキな金縛り」

興収22億円を突破した「ステキな金縛り」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三谷幸喜監督の最新作「ステキな金縛り」(公開中)のヒット御礼舞台挨拶が11月13日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で行われ、三谷監督をはじめ、深津絵里中井貴一阿部寛が登壇した。配給の東宝によれば、公開16日目で観客動員180万人、興収22億円を突破し、邦画の本年度No.1ヒットになる可能性が出てきたという。三谷監督は「我々の前には『コクリコ坂から』という大きな坂が立ちはだかっているので、ぜひ乗り越えたい」と高らかに宣言した。

三谷監督にとって5年ぶりの長編作品は、ある殺人事件の弁護を担当することになった三流弁護士のエミ(深津)が、被告人のアリバイを唯一証明できる落ち武者の幽霊(西田敏行)を法廷に引っ張り出そうと奔走する法廷コメディ。豪華キャストによる弾けた演技が大きな見どころで、三谷監督も「こう見えて彼ら(中井、阿部)は日本を代表するコメディアン。そして深津さんは世界を代表するコメディエンヌ」と絶賛。劇中には、中井が目に見えない子犬とじゃれ合うシーンもあり、「こんな中井貴一、見たくなかった」(三谷監督)としっかりオチもつけた。

この日は西田の不在を埋めるべく、西田演じる幽霊の更科六兵衛が“エア”登壇。質問に対して、ハーモニカの音色でイエスかノーを返答したが、深津は「来年、阪神タイガースは優勝しますか?」と六兵衛さんを予言者扱い。男性陣は「来年、麒麟の何とかという映画が公開されるが、ヒットしますかね?」(阿部)、「来年、『平清盛』という大河ドラマに出るが、清盛に会ったことは?」(中井)とちゃっかり自身の出演作をアピールしていた。

ザ・マジックアワー スペシャル・エディション[DVD] ザ・マジックアワー スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,627 口からでまかせばかりの男、お茶目な無名の俳優、街を牛耳る暗黒街のボスを中心に、彼らと彼らに巻き込まれていく人々のおバカな様を描く。三谷幸喜監督作品。
ラヂオの時間 スタンダード・エディション[DVD] ラヂオの時間 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,404 ラジオ、ドラマ放送中のスタジオという限られた空間で起きるさまざまな出来事を、笑いで包んだシチュエーションドラマ。三谷幸喜監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi