映画版「ギャラクティカ」の脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月21日 > 映画版「ギャラクティカ」の脚本家が決定
メニュー

映画版「ギャラクティカ」の脚本家が決定

2011年10月21日 14:05

映画版の脚本家が決定!「宇宙空母ギャラクティカ」

映画版の脚本家が決定!
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブライアン・シンガー監督のメガホンで映画化が決まっている「バトルスター・ギャラクティカ」の脚本家が、ジョン・オーロフ(「ガフールの伝説」「マイティ・ハート 愛と絆」)に決定した。

「バトルスター・ギャラクティカ」は、人類が生み出した機械生命体サイロンが反乱を起こし、ほぼすべての人類が死滅。生き延びたわずかな人々が宇宙空母ギャラクティカに乗り、安住の場所を探すというストーリーだ。

1970年代に放送されたオリジナル「宇宙空母ギャラクティカ」、04~09年に放送されたリメイク版「バトルスター・ギャラクティカ」、両作のファンであるというオーロフは、内容についてはいっさい口を閉ざしたものの、映画化に際し「かなり大胆なアイデアを用意している」と語っている。

X-MEN2[DVD] X-MEN2[DVD] 最安価格: ¥1,229 ブライアン・シンガーが監督を務めた『X-MEN』の第2作目
ガフールの伝説[DVD] ガフールの伝説[DVD] 最安価格: ¥991 伝説のフクロウ、ガフールを描く冒険ファンタジー・アニメ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi