鬼才ジョン・カーペンターのAKB48絶賛に青山真治監督「感無量」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月10日 > 鬼才ジョン・カーペンターのAKB48絶賛に青山真治監督「感無量」
メニュー

鬼才ジョン・カーペンターのAKB48絶賛に青山真治監督「感無量」

2011年9月10日 15:39

感無量の面持ちだった青山真治監督(左)「ザ・ウォード 監禁病棟」

感無量の面持ちだった青山真治監督(左)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数々のホラー、SF作品でカルト的な人気を誇るジョン・カーペンター監督の、10年ぶりの新作「ザ・ウォード/監禁病棟」の公開を記念し9月9日、東京・銀座シネパトスで“監禁オールナイト”と銘打ったジャパン・プレミア上映が行われた。トークイベントには青山真治監督、俳優の山本浩司、日本で唯一のジョン・カーペンター研究家として知られる鷲巣義明氏が登壇し、カーペンター談議に花を咲かせた。

この日は、「ハロウィン」「ゴースト・オブ・マーズ」の上映に続き、「ザ・ウォード」がお披露目された。昔ながらの雰囲気が伝わる同館を「こよなく愛している」と言う青山。「この空調の効きの悪い劇場と同じで、カーペンター作品のアナログ感はお金をかけても出せない」と独特の言い回しで称賛。鷲巣氏も、「カーペンターの魅力は映像の格好よさに尽きる。お金をかけていないのを映像でフォローしていて、これぞ映画! という感じがする」と同調する。

また、カーペンター監督本人からのビデオメッセージが届いた。細かいカット割りを施した映像で、「日本のみなさん、こんにちは。シネパトスへようこそ」と日本語で挨拶。さらに「日本は美しい国です。日本といえばゴジラにラドン、キングギドラ、そしてAKB48です」と語り、場内をわかせた。青山は、「感無量です。何て良い人なんでしょう」と感激しきり。監督の子息が来日した際にAKB48のPVを持ち帰り、それをカーペンターがいたく気に入ったそうで「PVを撮る準備もできている」と、山本が明かしていた。

ザ・ウォード/監禁病棟」は、9月17日から銀座シネパトスほか全国で順次公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi