T・ハンクス&S・ブロック、“9・11文学の金字塔”映画化で初共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月10日 > T・ハンクス&S・ブロック、“9・11文学の金字塔”映画化で初共演
メニュー

T・ハンクス&S・ブロック、“9・11文学の金字塔”映画化で初共演

2011年9月10日 09:18

T・ハンクス、S・ブロックとの初共演は夫婦役「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

T・ハンクス、S・ブロックとの初共演は夫婦役
(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・ハンクスサンドラ・ブロックが夫婦役で初共演を果たした映画「EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE(原題)」が日本で公開されることになり、邦題が「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に決定した。

原作は米作家ジョナサン・サフラン・フォアが2005年に発表し、“9・11文学の金字塔”として人気を博したベストセラー小説。「めぐりあう時間たち」(03)、「愛を読むひと」(09)のスティーブン・ダルドリー監督がメガホンをとり、「フォレスト・ガンプ/一期一会」(95)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(09)のエリック・ロスが脚本を担当した。

9・11同時多発テロで父親を亡くした少年オスカーが、父の残したカギに一致するカギ穴を求めニューヨークを旅する。主人公オスカーの独白を中心に、第2次世界大戦を経験した祖父母の手紙などを挿入し、ヒロシマ、ドレスデン、9・11など歴史の悲劇にのみ込まれた人々の喪失と再生を描く。

主人公オスカー役には、米人気クイズ番組「ジェパディ!」のトーマス・ホーンが抜てきされた。ハンクス、ブロックをはじめゾーイ・コールドウェルマックス・フォン・シドービオラ・デイビスらが出演する。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、2012年2月に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi