「遊星からの物体X」リメイク始動。「ギャラクティカ」脚本家による前日談に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月2日 > 「遊星からの物体X」リメイク始動。「ギャラクティカ」脚本家による前日談に
メニュー

「遊星からの物体X」リメイク始動。「ギャラクティカ」脚本家による前日談に

2009年2月2日 12:00

[映画.com ニュース] ジョン・カーペンター監督によるSFホラーの傑作「遊星からの物体X」(82)のリメイク版がいよいよ始動するようだ。米ユニバーサル・ピクチャーズが正式に製作を発表した。

このリメイク版の脚本については、かねてから大ヒットTVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」のクリエイター、ロナルド・D・ムーアが手がけることが報じられていたが、今回新たに監督にCMディレクター出身のマシーズ・バン・ヘイニンゲン・Jr.が決定した模様。ヘイニンゲン・Jr.は、トヨタやペプシなどのCMを手がけてきたほか、「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督がプロデュースする「アーミー・オブ・ザ・デッド(Army of the Dead)」でメガホンを取ることになっている。

なおカーペンター監督の「遊星からの物体X」は、ジョン・W・キャンベル・Jr.の短編小説「影が行く」を映画化したものだが、それ以前にも同短編を基にハワード・ホークス監督が「遊星よりの物体X」(51)を製作しており、今回で3度目の映画化となる。

気になるリメイク版の内容だが、カーペンター版で南極基地のアメリカ隊に謎の物体Xの恐怖をもたらすことになるノルウェー隊に何が起こったのかを描く、いわばプリクエル(前章)になるようだ。一説によると、前作の主人公マクレディ(カート・ラッセル)の兄弟にあたる人物が主人公になるという話もあるらしい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi