「ギャラクティカ」クリエイター、SF映画3部作をUAと契約! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月22日 > 「ギャラクティカ」クリエイター、SF映画3部作をUAと契約!
メニュー

「ギャラクティカ」クリエイター、SF映画3部作をUAと契約!

2008年4月22日 12:00

クルーズが惚れ込んだ才能を 確かめよう!「ジェネレーションズ」

クルーズが惚れ込んだ才能を
確かめよう!
Film(C) 2004/2005 Universal Studios.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米でシーズン4が4月にスタートし、高視聴率を叩き出しているSFドラマ「GALACTICA/ギャラクティカ」のクリエイターであるロナルド・D・ムーアが、このほどトム・クルーズ率いるUA(ユナイテッド・アーティスツ)と、3部作となるSF映画の大型契約を結び、そのうちの2本に取りかかっているという。

ムーアにとって、映画でのキャリアはこれが初めてではなく、「ジェネレーションズ」(94)と「ファースト・コンタクト」(96)という「スター・トレック」の原案・脚本を手がけているほか、UAのクルーズとポーラ・ワグナーとは、「M:I-2」の原案者として一緒に仕事をしている仲だ。

なお、ムーアが手がける3部作がどのような内容になるのか明らかではないが、一説に60~70年代に隆盛したSFドラマのTVシリーズが翻案されるという噂もある。全米の熱狂的な「ギャラクティカ」ファンは、ムーアがどんな手を次に打つか、興味津々のようだ。日本では「ギャラクティカ」シーズン1が5月23日にリリースされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi