高杉真宙「カルテット!」で映画初主演 剛力彩芽と共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月9日 > 高杉真宙「カルテット!」で映画初主演 剛力彩芽と共演
メニュー

高杉真宙「カルテット!」で映画初主演 剛力彩芽と共演

2011年9月9日 06:01

高杉真宙が主演する「カルテット!」「カルテット!」

高杉真宙が主演する「カルテット!」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新人俳優の高杉真宙が、三村順一監督作「カルテット!」で映画初主演を果たしていることがわかった。演じるのは、天才的なバイオリンの才能をもつ中学生の主人公・開。300人が参加したオーディションを勝ち抜き、主演を手中にした。父の失業をきっかけに崩壊寸前だった家族4人が、クラシックのカルテットを結成することで再生していく様子を描く。

同作は、「海峡を渡るバイオリン」「Little DJ/小さな恋の物語」で知られる鬼塚忠の同名小説を映画化。「僕たちのプレイボール」の三村監督のもと、高杉のほか、モデルで女優の剛力彩芽が派手な行動で周囲を騒動に巻き込む高校生の姉・美咲に扮し、細川茂樹鶴田真由が両親役として若手ふたりを支える。ほか、田中美里東幹久上條恒彦由紀さおりらが出演。

撮影は、3月に千葉・浦安で行われる予定だったが、クランクイン直前に東日本大震災が発生。市域の86%が液状化被害を受け、一時は製作中止の危機に直面した。それでも、「こんなときだからこそ、皆で力を合わせよう」と3月29日に撮入した。被災した市民を含む約700人がエキストラに参加するなど、地元の製作にかける情熱で完成にこぎ着けた。

また、今作を語るうえでクラシックは外せない。マスネの「タイスの瞑想曲」、バッハの「G線上のアリア」、プッチーニの「誰も寝てはならぬ」など、数多くの名曲がスクリーンを彩る。さらに、東京交響楽団桂冠指揮者の秋山和慶氏が特別出演しているほか、第79回日本音楽コンクールのバイオリン部門で中学3年生ながら1位になった山根一仁氏が劇中でチャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」を披露している点も見逃せない。

カルテット!」は、松竹配給で12月17日からシネマイクスピアリで先行公開され、2012年1月7日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi