99歳・新藤兼人監督、人生最後の舞台挨拶「ときどき思い出して」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月6日 > 99歳・新藤兼人監督、人生最後の舞台挨拶「ときどき思い出して」
メニュー

99歳・新藤兼人監督、人生最後の舞台挨拶「ときどき思い出して」

2011年8月6日 14:27

大竹しのぶから99本のバラの花束を贈られ 「重くて落としそうだ」と話した新藤兼人監督「一枚のハガキ」

大竹しのぶから99本のバラの花束を贈られ
「重くて落としそうだ」と話した新藤兼人監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新藤兼人監督の第49作「一枚のハガキ」が8月6日、東京・テアトル新宿と広島・八丁座で公開。新藤監督をはじめ、主演の豊川悦司大竹しのぶ柄本明倍賞美津子津川雅彦は、テアトル新宿で舞台挨拶に立った。

今作をもって引退を宣言している、日本最高齢・99歳の新藤監督をひと目見ようと、場内は満席。車椅子に乗った新藤監督が、孫で映画監督の新藤風に付き添われて登場すると、客席からは万来の拍手が沸き起こった。開口一番、「皆さん、今日はありがとうございました。映画監督の新藤です」と話すと、約1分間にわたり拍手が鳴り止むことはなかった。

戦争経験者である新藤監督自らの体験をベースに製作された意欲作。選択権なしに戦争へと駆り出された庶民と、残された家族の悲しみを真正面からとらえた力強いヒューマンドラマだ。新藤監督は、「もう何となく終わりだと思い、1本作っておきたいと思い皆さんに集まっていただいた。テーマは戦争反対。なぜ、戦争なんてバカバカしいことをやるんだ」と静かに訴えた。

そんな新藤監督に対し、柄本は「『石内尋常高等小学校 花は散れども』でも最後と言っていた。最後の映画がまだ続くんじゃないかと思う」と引退宣言を信じない。豊川も、「2度あることは3度ある。そのときはよろしくお願いします」。大竹にいたっては、「また最後の作品を、100歳記念で撮れればいいな」とほほ笑みかけた。

それでも、新藤監督は「何事も終わりがあるように、私も終わりが参りました。皆さんとお別れです」と言及。さらに、「『新藤はこんな映画をつくったのか』と、ときどき思い出してください。私は死んでいきますが、これだけが望みなんです。映画は私だけがつくったのではなく、皆さんと一緒につくったんだと思い出してください。そうすれば、私は死んでも死なない」と締めくくった。

なお、13日からは全国23スクリーンに拡大して公開される。

一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD] 最安価格: ¥3,959 新藤兼人監督の実体験を元に、人の命が“クジ”によって左右され、兵士の死が残された家族のその後の人生をも破滅に導くという戦争の愚かしさを、体験者の目線で描いた戦争ドラマ。監督:新藤兼人、出演:豊川悦司/大竹しのぶ
愛妻物語[DVD] 愛妻物語[DVD] 最安価格: ¥4,121 新藤兼人の監督デビュー作で自伝的物語。駆け出しのシナリオライター・沼崎は下宿先の娘・孝子と駆け落ち結婚をした。知人を頼り京都に身を寄せ、日本を代表する坂口監督にシナリオを見てもらう。だが、坂口からは「全然使えない」と言われ、沼崎は坂口に認められるべく一心不乱にシナリオを書き続ける。その間、孝子は内職をして沼崎を助ける。一年後、沼崎は坂口から仕事の依頼を受けるが…。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi