東京国際映画祭グランプリはイスラエル映画 新藤兼人監督作に特別賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月31日 > 東京国際映画祭グランプリはイスラエル映画 新藤兼人監督作に特別賞
メニュー

東京国際映画祭グランプリはイスラエル映画 新藤兼人監督作に特別賞

2010年10月31日 17:12

2度目の戴冠に大喜び「一枚のハガキ」

2度目の戴冠に大喜び
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第23回東京国際映画祭の授賞式が10月31日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、イスラエル映画「僕の心の奥の文法」が最高賞となる東京サクラグランプリを受賞した。メガホンをとったニル・ベルグマン監督は、第15回同映画祭コンペティション部門に出品した「ブロークン・ウィング」以来2度目の栄冠。また、98歳の新藤兼人監督の最新作「一枚のハガキ」には、審査員特別賞がおくられた。

ベルグマン監督は受賞の瞬間、主演女優オルリ・ジルベルシャッツと笑顔で見つめ合った。「ありがとう。何も賞はとれないんだと確信していただけにビックリ。いつも重要なのは賞をとることではなくプロセスだと言っているけれど、今言えることはプロセスも賞も大事だということ」と話し、高々と腕を上げた。

同作は、1967年の第三次中東戦争を前に、一時的な平和を謳歌する63年のイスラエルが舞台。成長することをやめた少年アハロンの内なる抵抗を繊細なタッチで描くもので、長年、平和運動にかかわっているデイビッド・グロスマンの「Intimate Grammar」を、ベルグマン監督がオーディションを経て映画化にこぎつけた。


皆さん、お元気で「一枚のハガキ」

皆さん、お元気で
[拡大画像]

ニール・ジョーダン審査委員長は、「(審査対象の作品を)次々と見ていると、人間がつくったんだと忘れがちになる。今日は、皆さんの顔を見られたことがとてもうれしい」とニッコリ。そして、「(コンペティション部門に出品の)15本を見ていて、特に4、5本が脳裏に焼きついた。どの賞をどの作品に与えるのかを考えるのは大変楽しかった」と説明した。

審査員特別賞を受賞した「一枚のハガキ」の新藤監督は、審査員の根岸吉太郎監督と固く握手。賞状を受け取った新藤監督は、「出演してくれた俳優、裏方の人々に感謝しています。長く映画をやってきましたけれど、これが私の最後の作品。これ以上は無理だと思いますから、この辺でお別れすることにしました。皆さんもどうか元気で良い映画をつくってください」と話すと、場内からは盛大な拍手がおくられた。

依田巽チェアマンは、任期3年目の今回を“ホップ、ステップ、ジャンプ”の“ジャンプ”と位置づけていた。「3年の任期をあと2年延期して、名実ともに世界の国際映画祭として誰もが認めるものにしていきたい。また、日本の映画がもっと力強く羽ばたいていくことも大事だと思った」と締めくくった。

全受賞結果は以下のとおり。

▼東京サクラグランプリ:「僕の心の奥の文法」
▼審査員特別賞:「一枚のハガキ
▼最優秀監督賞:ジル・パケ=ブレネール「サラの鍵
▼最優秀女優賞:ファン・ビンビン「ブッダ・マウンテン」
▼最優秀男優賞:ワン・チエンユエン「鋼のピアノ」
▼最優秀芸術貢献賞:「ブッダ・マウンテン」
▼観客賞:「サラの鍵
▼TOYOTA Earth Grand Prix:「水の惑星 ウォーターライフ」
▼TOYOTA Earth Grand Prix審査員特別賞:「断崖のふたり」
▼最優秀アジア映画賞:「虹」
▼アジア映画賞スペシャル・メンション:「タイガー・ファクトリー」
▼日本映画・ある視点部門作品賞:「歓待

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi