ベンダースが3D映画化、舞踊家ピナ・バウシュのドキュメンタリー公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月27日 > ベンダースが3D映画化、舞踊家ピナ・バウシュのドキュメンタリー公開
メニュー

ベンダースが3D映画化、舞踊家ピナ・バウシュのドキュメンタリー公開

2011年7月27日 10:01

ピナ・バウシュの舞踊が3Dで公開「ベルリン・天使の詩」

ピナ・バウシュの舞踊が3Dで公開
(C) 2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2009年に逝去した天才舞踊家ピナ・バウシュさんの世界を、「ベルリン・天使の詩」のビム・ベンダース監督が3Dで撮影したドキュメンタリー「pina 3D(原題)」の日本公開が決定した。アート系作品では世界初の3D作品となり、ベルリン国際映画祭で絶賛されたのをはじめ、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録している。

1940年ドイツ生まれのバウシュさんは、バレエ、コンテンポラリーダンサー、振付師として世界的な評価を得ており、73年にヴッパタール舞踊団芸術監督に就任。ドイツ表現主義舞踊の権威であるクルト・ヨースの影響を色濃く受け継ぎながら、演劇的手法を取り入れた独自の舞踊芸術で注目を浴びる。演劇とダンスの融合とも言われ、その作品は「タンツ・テアター」と呼ばれる。日本にもファンが多く、99年には坂本龍一のオペラ「LIFE」に出演。日本での最後の公演は08年3月だった。

ベンダース監督は、バウシュさんの踊りについて「私はバレエを見たことはありましたし、世界中でダンスの公演はできるだけみてきましたが、ひっくり返るような、椅子から投げ出され、床にたたきつけられるような体験は、それまで一度もありませんでした」と驚きを持って表現している。

長年バウシュさんと親交の深かったベンダース監督は、バウシュさんの生前からコラボレーションを企画し、ダンス映像と相性の良い最新のデジタル3D技術を映画で使おうと決意。映画は、死去したバウシュさんへのトリビュートとして製作され、舞踏を通しての人生の軌跡やヴッパタール舞踊団の作品を収録。奥行きのある背景から前衛的なダンスシーンが付き出るような手法を用い、映像の色彩を強調する描写を与えている。

「pina 3D(原題)」は2012年公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi