SKE48松井&矢神、名古屋ご当地映画「WAYA!」で映画初出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月26日 > SKE48松井&矢神、名古屋ご当地映画「WAYA!」で映画初出演
メニュー

SKE48松井&矢神、名古屋ご当地映画「WAYA!」で映画初出演

2011年7月26日 06:01

SKE48の松井珠理奈と矢神久美が銀幕デビュー「WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦」

SKE48の松井珠理奈と矢神久美が銀幕デビュー
(C)WAYA!LLP
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「SKE48」の松井珠理奈矢神久美が、名古屋市西区に実在する円頓寺(えんどうじ)商店街を舞台にした映画「WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦」で映画初出演を果たしていることがわかった。

名古屋市栄を中心に活動するSKE48のふたりが、ご当地映画で銀幕デビューする。古波津陽(こはつ・よう)監督がメガホンをとる同作は、名古屋が舞台ということもあり、同グループの劇場でメンバー全員によるオーディションが敢行され、松井と矢神の抜てきが決まったという。

松井が演じるのは、頑固だけど商店街を愛する伊丹老人の孫娘・早苗。映画の現場は初体験だったこともあり「緊張しましたが、小さい子どもたちとのシーンが多かったので、子役のみんなとワイワイ楽しく過ごせました」と振り返る。クールな女子高生もみじに扮した矢神は、「映画は初めてでしたし、ホルンを演奏するシーンもあって毎日大変で……。当たり前ですが、メンバーもいなくてさみしかったです。でも、共演の皆さんがとても優しくしてくださって、本当に家族みたいでした」と撮影を満喫した様子だ。

ふたりを選考した古波津監督は、松井の起用を「心に芯の太さがあり、さわやかな風を相手に送り込むポジティブさを持っています。18歳の役を演じてもらったのに、この当時はまだ13歳。その貫禄にショックを受けました」と説明。矢神については、「思いの強さと若干の不器用さが効果を発揮しました。役の中身をすごく勉強してきて、現場ではいい感じで“もみじ”になり切っていました」と称えた。

「スピードワゴン」の井戸田潤が主演の同作は、商店街で下駄屋を継いで30年になるシゲさん(矢崎滋)のために、青年団の勘太郎(井戸田)が記念の芝居の企画を考案。本当の目的は、シゲさんがケンカ別れした親友(ルー大柴)と仲直りさせることだった。小さなウソが巻き起こす、涙と笑いの奇跡を描く。

ほか、水野美紀三輪泉月藤田朋子モロ師岡小島範子、「スピードワゴン」の小沢一敬らが出演。

WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦」は、10月に名古屋で先行公開され、全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi