マシ・オカ、SKE48に世界進出指南「大切なのはあきらめないこと&英語」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月23日 > マシ・オカ、SKE48に世界進出指南「大切なのはあきらめないこと&英語」
メニュー

マシ・オカ、SKE48に世界進出指南「大切なのはあきらめないこと&英語」

2010年6月23日 21:00

ヒロのサプライズ登場に「ヤッター!」

ヒロのサプライズ登場に「ヤッター!」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気TVシリーズ「HEROES/ヒーローズ」ファイナルシーズンのジャパンプレミアが6月23日、東京・渋谷のC.C. Lemonホールで行われ、ヒロ役の日本人俳優マシ・オカ天野ひろゆき(キャイ~ン)、AKB48の姉妹グループSKE48(石田安奈高柳明音向田茉夏古川愛李)が出席した。

米NBCの人気シリーズで、特殊能力に突然目覚めた人々が、戸惑いながらも自らの運命を模索しながら核爆発や新型ウイルスから世界を救う物語。マシ・オカは、時空を超えてテレポートする超能力をもつ日本人ヒロ・ナカムラを演じてブレイク。同作で披露する「ヤッター!」という日本語のセリフはアメリカでも人気を博した。

事前告知がなかっただけに、マシ・オカが登壇すると客席は大歓声。“ソックリさん”として知られる天野も、「まるで身内に会う感覚」と本家本元を歓迎した。マシ・オカ本人も、「このドラマのおかげで人生が変わりました。普通では絶対に会えない世界中のファンと会えるのが何よりもうれしい」と喜んだ。また、海外ドラマで日本人が日本人の役を演じたことについて、「昔は白人が日本人を演じるような時代もあったほど。今回、(日本人に対する)ポジティブなイメージを作り上げることができた」と満足げだった。

さらに、「スケールの大きさも人気の理由だった」と語り、1話につき平均3~4億円の製作費が投じられていたと説明。これに対し、天野は「僕なんて(製作費が)トータル60万円くらいの映画に出たことありますよ」とスケールの違いに苦笑い。SKE48からは世界進出の条件を聞かれ、「一番大切なのは、あきらめないこと。それと英語はちゃんと勉強したほうがいい」と指南。最後に、「僕にとってファイナルシーズンは、完ぺきだったシーズン1の次に好きなシーズン。初心に帰ったいい出来だと思います。ヒロが生死をかけて戦う姿を見てほしい」とアピールした。

「HEROES/ヒーローズ」ファイナルシーズンは、スーパー!ドラマTVで7月20日から独占日本初放送。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi