中谷美紀、ついに初舞台! 1人3役で井上靖「猟銃」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月8日 > 中谷美紀、ついに初舞台! 1人3役で井上靖「猟銃」に主演
メニュー

中谷美紀、ついに初舞台! 1人3役で井上靖「猟銃」に主演

2011年7月8日 15:05

フランソワ・ジラール監督の説得に 「イエスと言ってしまった」中谷美紀「猟銃」

フランソワ・ジラール監督の説得に
「イエスと言ってしまった」中谷美紀
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・中谷美紀が7月8日、都内で行われた主演舞台「猟銃」の発表会見に出席した。これまで舞台の仕事は「勇気がなくてすべて断ってきた」というが、2009年に出演した映画「シルク」のフランソワ・ジラール監督が演出する今作は「(出演に)イエスと言ってしまった……。(舞台を通じて)監督のような説得力を学びたい」と笑顔で話した。

カナダ出身のジラール監督は、1998年の映画「レッド・バイオリン」でアカデミー賞音楽賞を受賞、シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」の演出も手がけるなど国境やジャンルを超え活躍している。「シルク」での中谷の演技に驚がくしたといい、「またご一緒したいと願っていた。ようやく念願がかなった」と満面の笑みを浮かべた。

猟銃」は、昭和の文豪・井上靖が1949年に発表した同名の短編小説を舞台化。ある男性の13年におよぶ不倫の恋が、妻、愛人、愛人の娘による3通の手紙によって暴かれていく。中谷は「日本の女性のしなやかな強さ、深い業(ごう)が描かれている」と原作にのめり込み、登場する女性3人を自分1人ですべて演じると決意した。

日本に先行して、カナダのモントリオールで9月7日から封切られる。初演が外国になったことについて、中谷は「旅の恥はかき捨てだしとも思ったけれど、外国のお客さんの反応は正直。少し怖くもある」と話した。日本凱旋公演は、東京・渋谷のパルコ劇場で10月3~23日。10月末から兵庫、新潟、福岡、名古屋、京都をまわる。(映画.com×文化通信.com)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi