猟銃
ホーム > 作品情報 > 映画「猟銃」
メニュー

猟銃

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

井上靖の原作を、「「赤坂の姉妹」より 夜の肌」の共同執筆者・八庄利雄が脚色し「白い牙」の五所平之助が監督した女性映画。撮影は「親バカ子バカ」の竹野治夫。

ストーリー

彩子は芦屋に住んでいた。彼女の夫・門田礼一郎は、学位をとるために京都の大学の内科で研究中だった。ある日、少女を連れた若い女が彩子に面会を求めてきた。「私が産んだこの子、門田さんの子」というなり少女を置去りにした。彩子は離婚を決意した。入婿の礼一郎は「君の気持が直るまでいつまでも待つ」と言った。少女・薔子を彩子が育てることになった。そんなある日、従妹みどりの夫・三杉穰介が訪れてきた。彼はみどりと愛情のない形だけの生活を送っていた。やがて、彩子は穰介の虜となった。二人は世間の人を一生だまし通そうと誓い合った。そして、八年の歳月が流れた。穰介と彩子は背徳のかげにおびえながら情事を続けていた。みどりは、そんな情事を知ってか知らずか、いろいろな男との乱行に憂身をやつしていた。門田病院の院長となった礼一郎は、ある日院内廊下で彩子を見かけた。みどりの病気見舞に来ていたのだ。門田は再婚を願ったが、彩子は冷たかった。やがて、門田の結婚を耳にした。彼女は心底は門田が好きだったのだ。彩子は服毒した。彩子の日記を読んで、薔子は大人の世界の、淋しく、悲しく、恐いことを知った。穰介と彩子の情事を知っていたみどりは、穰介と別れた。セッターを走らせ、初冬の天城の間道を行く穰介も、今は孤独であった。...

スタッフ

監督
脚色
八住利雄
原作
井上靖
製作
月森仙之助
佐野博
制作補
坂井禅互
撮影
竹野治夫
美術
平川透徹
音楽
芥川也寸志
録音
服部満洲雄
照明
平田光治

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

黒い十人の女[DVD] 朱雀門[DVD] 女経[DVD] 次郎長富士[DVD]
黒い十人の女[DVD] 朱雀門[DVD] 女経[DVD] 次郎長富士[DVD]
発売日:2012年11月16日 最安価格: ¥2,000 発売日:2014年12月19日 最安価格: ¥2,000 発売日:2015年10月30日 最安価格: ¥1,854 発売日:2013年11月22日 最安価格: ¥1,870
Powered by 価格.com

他のユーザーは「猟銃」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi