中谷美紀「阪急電車」全国拡大の挨拶で被災地思い涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月29日 > 中谷美紀「阪急電車」全国拡大の挨拶で被災地思い涙
メニュー

中谷美紀「阪急電車」全国拡大の挨拶で被災地思い涙

2011年4月29日 14:52

涙をこらえながら被災地への思いを語る 中谷美紀(中央)左は宮本信子、右は戸田恵梨香「阪急電車 片道15分の奇跡」

涙をこらえながら被災地への思いを語る
中谷美紀(中央)左は宮本信子、右は戸田恵梨香
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 有川浩のベストセラー小説を映画化した「阪急電車 片道15分の奇跡」が4月29日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2などで初日を迎えた。今月23日に関西圏32スクリーンで先行公開され、初日2日間で観客動員4万4166人、興収5815万4800円とハイアベレージの出足を記録。この日、全国83スクリーンに拡大されたのを受け、主演の中谷美紀戸田恵梨香宮本信子ら女優陣と三宅喜重監督が同劇場で舞台挨拶に立った。

中谷は、ファンに笑顔で応えながら客席通路を入場したが、ステージで「共演者の皆さん、温かい演出の監督に恵まれ、関西の方々の協力で完成しました」と話し始めると、声のトーンが徐々に低くなり下を向いたまま沈黙。顔を上げると、目には光るものがあった。

それでも、「頑張れー!」という客席からの声援に「はい、頑張ります」と気丈な笑顔。「今、日本は動乱によってひどい状況ですが、この映画で温かい思いを届けたい。ただただ、そう願っています」と声を詰まらせながら訴えた。


観客とともに敬礼ポーズで全国拡大“発車”を祝う (前列左から)宮本信子、中谷美紀、戸田恵梨香 (後列同)三宅喜重監督、谷村美月、芦田愛菜、 南果歩、有村架純「阪急電車 片道15分の奇跡」

観客とともに敬礼ポーズで全国拡大“発車”を祝う
(前列左から)宮本信子、中谷美紀、戸田恵梨香
(後列同)三宅喜重監督、谷村美月、芦田愛菜、
南果歩、有村架純
[拡大画像]

その後も、「関西、東京から北に向かって思いが伝わりますように」(宮本)、「(東日本大震災の被災地に)何ができるのだろうと考えていた。衣食住が足りた後、映画が一服の清涼剤になれば幸せです」(南果歩)と、それぞれが被災地にエールをおくった。

“大人”の女優陣の中で、ひときわ注目を集めたのが芦田愛菜。4月に小学生1年生になったばかりで、「新しく始めたこと」というテーマでのトークでは「目覚まし時計で、起きるようになりました」。さらに、「大先輩の女優さんたちとお仕事ができてうれしいです」と愛くるしい笑顔で語ると、この日一番の拍手を浴びていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi