米紙が選ぶ、2011年上半期の大コケ映画トップ10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月1日 > 米紙が選ぶ、2011年上半期の大コケ映画トップ10
メニュー

米紙が選ぶ、2011年上半期の大コケ映画トップ10

2011年7月1日 11:15

弘法ゼメキスも筆を誤る「少年マイロの火星冒険記 3D」

弘法ゼメキスも筆を誤る
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2011年上半期に全米公開された作品のなかで、期待外れに終わったアメリカ映画10本を、ハリウッド・レポーター紙が公表した。

興行成績を製作費と照らし合わせたところ、最も残念な結果に終わった作品はロバート・ゼメキスがプロデューサーを務めたCGアニメ「少年マイロの火星冒険記 3D」。製作に1億5000万ドル以上を費やしたにもかかわらず、世界興収がわずか3900万ドルに終わっている。

また、ポール・ベタニー主演のSFホラー「プリースト」も製作費6000万ドルに対し世界興収4600万ドル、ジョディ・フォスターの監督第3作「The Beaver」に至っては、製作費2000万ドルに対し全米興収100万ドル以下といずれも撃沈。また、ザック・スナイダー監督の「エンジェル ウォーズ」(製作費8200万ドルに対し世界興収8980万ドル)や、アメコミ映画「グリーン・ランタン」(製作費2億ドルに対し世界興収2億5000万ドルの予測)は辛うじて赤字を免れているが、莫大な宣伝費は製作費に含まれていないため、いずれも映画会社に損失を与えている。

ちなみに、ハリウッド・レポーター紙が発表した2011年の興行失敗作品10本は以下の通り。

少年マイロの火星冒険記 3D
「Your Highness」(日本未公開)
「Arthur」(日本未公開)
Prom」(日本未公開)
「Judy Moody and the Not Bummer Summer」(日本未公開)
グリーン・ランタン
プリースト
エンジェル ウォーズ
Hoodwinked Too! Hood VS. Evil」(日本未公開)
「The Beaver」(日本未公開)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi