米タイム誌が選ぶ2010年の映画&俳優トップ10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月13日 > 米タイム誌が選ぶ2010年の映画&俳優トップ10
メニュー

米タイム誌が選ぶ2010年の映画&俳優トップ10

2010年12月13日 12:00

「ミレニアム」で大ブレイク「トイ・ストーリー3」

「ミレニアム」で大ブレイク
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米タイム誌の年末恒例企画「Top 10 Everything 2010」のなかで、今年の映画および俳優による演技のトップ10が発表された。

映画の第1位に選ばれたのは、アニメ映画史上最大のヒット作となったピクサーの「トイ・ストーリー3」。しかし、2位以降は他媒体のランキングとはだいぶ異なり、リーマンショックの要因を探ったドキュメンタリー「Inside Job」ほか、硬派な小品が目立つ。

ちなみに、タイム誌とあわせて、先日発表された米ローリング・ストーン誌のトップ10、そして作家スティーブン・キングのトップ10にもランクインしている唯一の作品が「ソーシャル・ネットワーク」だ。

また、映画のなかの演技の第1位に選ばれたのは、「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」で天才ハッカー、リスベットを演じたスウェーデン人女優ノオミ・ラパス。「ミレニアム」シリーズで一躍ブレイクし、「シャーロック・ホームズ2」で初のハリウッド進出も決まっている。

タイム誌が選んだ2010年の映画トップ10は以下の通り。

1.「トイ・ストーリー3」(リー・アンクリッチ監督)
2.「Inside Job」(チャールズ・ファーガソン監督)
3.「わたしを離さないで」(マーク・ロマネク監督)
4.「Life During Wartime」(トッド・ソロンズ監督)
5.「ソーシャル・ネットワーク」(デビッド・フィンチャー監督)
6.「Rabbit Hole」(ジョン・キャメロン・ミッチェル監督)
7.「風にそよぐ草」(アラン・レネ監督)
8.「グリーン・ゾーン」(ポール・グリーングラス監督)
9.「Waiting for “Superman”」(デイビス・グッゲンハイム監督)
10.「Four Lions」(クリス・モリス監督)

演技部門のトップ10は以下の通り。

1.ノオミ・ラパスミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
2.コリン・ファース英国王のスピーチ
3.エドガー・ラミレス「コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト」
4.ジャッキー・ウィーバー「Animal Kingdom」
5.ティルダ・スウィントン「I Am Love」
6.クリスチャン・ベール「ザ・ファイター(原題)」
7.クロエ・モレッツ「キック・アス
8.ヘイリー・スタインフェルドトゥルー・グリット
9.エマ・ストーン「Easy A」
10.アンジェラ・ウェッセルマン「Catfish」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi