米タイム誌が選ぶ2010年の映画&俳優トップ10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月13日 > 米タイム誌が選ぶ2010年の映画&俳優トップ10
メニュー

米タイム誌が選ぶ2010年の映画&俳優トップ10

2010年12月13日 12:00

「ミレニアム」で大ブレイク「トイ・ストーリー3」

「ミレニアム」で大ブレイク
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米タイム誌の年末恒例企画「Top 10 Everything 2010」のなかで、今年の映画および俳優による演技のトップ10が発表された。

映画の第1位に選ばれたのは、アニメ映画史上最大のヒット作となったピクサーの「トイ・ストーリー3」。しかし、2位以降は他媒体のランキングとはだいぶ異なり、リーマンショックの要因を探ったドキュメンタリー「Inside Job」ほか、硬派な小品が目立つ。

ちなみに、タイム誌とあわせて、先日発表された米ローリング・ストーン誌のトップ10、そして作家スティーブン・キングのトップ10にもランクインしている唯一の作品が「ソーシャル・ネットワーク」だ。

また、映画のなかの演技の第1位に選ばれたのは、「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」で天才ハッカー、リスベットを演じたスウェーデン人女優ノオミ・ラパス。「ミレニアム」シリーズで一躍ブレイクし、「シャーロック・ホームズ2」で初のハリウッド進出も決まっている。

タイム誌が選んだ2010年の映画トップ10は以下の通り。

1.「トイ・ストーリー3」(リー・アンクリッチ監督)
2.「Inside Job」(チャールズ・ファーガソン監督)
3.「わたしを離さないで」(マーク・ロマネク監督)
4.「Life During Wartime」(トッド・ソロンズ監督)
5.「ソーシャル・ネットワーク」(デビッド・フィンチャー監督)
6.「Rabbit Hole」(ジョン・キャメロン・ミッチェル監督)
7.「風にそよぐ草」(アラン・レネ監督)
8.「グリーン・ゾーン」(ポール・グリーングラス監督)
9.「Waiting for “Superman”」(デイビス・グッゲンハイム監督)
10.「Four Lions」(クリス・モリス監督)

演技部門のトップ10は以下の通り。

1.ノオミ・ラパスミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
2.コリン・ファース英国王のスピーチ
3.エドガー・ラミレス「コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト」
4.ジャッキー・ウィーバー「Animal Kingdom」
5.ティルダ・スウィントン「I Am Love」
6.クリスチャン・ベール「ザ・ファイター(原題)」
7.クロエ・モレッツ「キック・アス
8.ヘイリー・スタインフェルドトゥルー・グリット
9.エマ・ストーン「Easy A」
10.アンジェラ・ウェッセルマン「Catfish」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi