わたしを離さないで
ホーム > 作品情報 > 映画「わたしを離さないで」
メニュー

わたしを離さないで

劇場公開日

解説

「日の名残り」で英文学界最高峰のブッカー賞を受賞した、日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロの同名小説を、キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールドの共演で映画化。監督は「ストーカー」(2002)の新鋭マーク・ロマネク。外界から隔絶された田園地帯に佇む寄宿学校ヘイルシャムで学ぶキャシー、ルース、トミーは、絵や詩の創作活動に励みながら、“特別な子ども”として育てられた。18歳になってヘールシャムを出た3人は、農場のコテージで共同生活を始めるが、ルースとトミーが恋人同士になったことで友情が崩壊していく。

作品データ

原題 Never Let Me Go
製作年 2010年
製作国 イギリス・アメリカ合作
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 105分
映倫区分 G
 

インタビュー:わたしを離さないで

マーク・ロマネク監督が描く、日本の美意識を散りばめた幽玄な世界
わたしを離さないでのインタビュー

「日の名残り」で英文学界最高峰のブッカー賞を受賞した日系人作家カズオ・イシグロの傑作長編小説を、キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールドという英若手実力派俳優たちを結集させて映画化した「わたしを離さないで」...わたしを離さないでのインタビュー

関連ニュース:わたしを離さないで

わたしを離さないでの関連ニュース

映画評論:わたしを離さないで

涙ひとすじの慎ましい悲しさに包まれた映画
わたしを離さないでの映画評論・批評

ジャンルとしてはミステリーでもサスペンスでもないが、物語の背景にある<事実>が巧妙に隠されているので、自ずとミステリアスな空気が生まれ、それが静かな緊張感に繋がっている。隠されていると言っても、微かな違和感を覚える箇所がいくつかある程...わたしを離さないでの映画評論・批評

映画レビュー:わたしを離さないで

平均評価
3.6 3.6 50 (全30件)
  • 愛があっても勝てない 無邪気で、平和的な子どもたちの歌からはじまる。 でも彼らには抗うことのできない過酷な運命があった。 不思議で、引き込まれる世界観。 見てて楽しくなる映画ではないです。 どんよりした曇りの日にぜひ... ...続きを読む

    tomatomato tomatomatoさん  2014年4月17日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • うーん ネタバレ! けっこう面白かったですが、考えきる前に終わってしまった… ルースが亡くなるシーンが悲しかった。トミーとキャシーが再会できたのも良かったです。 子供時代のあれこれがかわいかったのですが、その分物悲... ...続きを読む

    じらじらじ じらじらじさん  2014年2月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • なにかが足りない 小説を読んでから見たのがまずかったのか、インパクトにかけた。原作に忠実な感じがした一方、過酷な運命よりも三人の恋愛が中心になってしまった感じ。マダムにお願いすれば叶うと言われていた『猶予』が噂に... ...続きを読む

    ガク ガクさん  2013年11月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • わたしを離さないでのすべての映画レビュー
  • わたしを離さないでの映画レビューを書く

他のユーザーは「わたしを離さないで」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画