瑛太しみじみ「生きていれば必ず良いことがある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月16日 > 瑛太しみじみ「生きていれば必ず良いことがある」
メニュー

瑛太しみじみ「生きていれば必ず良いことがある」

2011年6月16日 19:10

会見に臨んだ瑛太と満島ひかり「M/OTHER(1999)」

会見に臨んだ瑛太と満島ひかり
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の瑛太が6月16日、女優の満島ひかりらとともに、都内で行われたフジテレビ系新ドラマ「それでも、生きてゆく」の発表会見に出席した。過去の悲劇にとらわれて生きる2組の家族のドラマで、「悲しみを背負った人間でも希望を持って生きられるんだという経過を見せたい。生きていれば必ず良いことがあると伝えたい」としみじみ語った。

「東京ラブストーリー」「Mother」などの脚本家・坂元裕二が書き下ろす感動作。15年前に起きた少女殺害事件の被害者側と加害者側双方の家族が過去を乗り越え、希望を見出していくさまを描く。瑛太は「台本を読んで、とても悲しい気持ちになった。でも、悲しみだけじゃなく生きていく勇気や可能性も感じた」。妹を殺した友人に復しゅうを誓う兄という難しい役に「役作りは型にはめず、最終回までチャレンジしたい」と意欲を見せた。

満島が、加害者の妹役で連ドラ初ヒロインを務める。「台本を読んで、正直できないと思った」と明かしながらも、「役者やスタッフ1人1人の“生きる気合い”がつながって、それが色んな人の人生に連鎖して、大きな円を描く作品になれば」と力を込めた。

加害者役は風間俊介が演じる。ほか田中圭福田麻由子風吹ジュン時任三郎大竹しのぶらが共演。音楽はピアニストの辻井伸行が手がけ、主題歌は小田和正の「東京の空」。フジテレビ系で7月7日から毎週木曜午後10時放送(初回は15分拡大)。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi