満島ひかり、結婚後初イベントに実弟が乱入 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月19日 > 満島ひかり、結婚後初イベントに実弟が乱入
メニュー

満島ひかり、結婚後初イベントに実弟が乱入

2010年12月19日 22:36

弟もよろしくお願いします!「モテキ」

弟もよろしくお願いします!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の満島ひかりが12月19日、販売部数150万部を突破した久保ミツロウの人気コミックをドラマ化した「モテキ」のDVD-BOX発売記念イベントに出席。脚本と演出を手がけた大根仁監督とともに登場した満島は、今年10月に主演映画「川の底からこんにちは」の石井裕也監督と結婚後、初となる公の場で「私は好きなひとりにモテていればいい。ひとりで十分です」と笑顔でノロケてみせた。

29歳の派遣社員・藤本(森山未來)のもとにある日、突然女性からの連絡が相次いで入る。人生の“モテ期”を迎えた主人公が、趣味の合う女友だち、人生で一番好きな人、元ヤンの同級生などさまざまな女性と交わりながら、成長する姿を描く。

大根監督は「今までこういう女優さんを演出したことはない。基本、動物なんですよ。点取りのフォワードみたいに(現場を)かき回してくれた。おかげで原作を超えるキャラになった」と満島を絶賛した。その一方で、「同じ芝居が何度もできるようになってほしい」と苦言を呈す場面も。すかさず満島が「あえてですよ、あえて」と反撃するも、「本当に計算なのかなあ」といぶかしげな表情を浮かべていた。

一方、満島は「大根監督は女性を撮るのが上手。私自身、見たことない表情が出せた。実はすごい人なんじゃないかと」。現場での森山との関係を「お兄ちゃんと妹。いや、お兄ちゃんと弟みたいでしたね」と述懐した。イベント会場には実弟で俳優の満島真之介の姿も。急きょ登壇し自己紹介すると、姉として「うちの弟です。ぜひよろしくお願いします」と売り込みに躍起だった。

モテキ」DVD-BOXは発売中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi