「オープン・ウォーター」第3弾、人食いザメの巣くつで遭難する恐怖を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月23日 > 「オープン・ウォーター」第3弾、人食いザメの巣くつで遭難する恐怖を描く
メニュー

「オープン・ウォーター」第3弾、人食いザメの巣くつで遭難する恐怖を描く

2011年5月23日 16:33

人喰いザメから逃げ惑う5人の若者「オープン・ウォーター」

人喰いザメから逃げ惑う5人の若者
(c) 2010 Screen Australia Screen NSW and Reef Films Pty Ltd.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オーストラリアの海で実際に起きた事件を映画化した、「オープン・ウォーター」シリーズの最新作「赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター」の予告編が、このほど公開された。

巨大ワニの恐怖を描いたサバイバルホラー「ブラック・ウォーター」で知られるアンドリュー・トラウキが製作、監督、脚本を担当。ダミアン・ウォルシー=ハウリング、ゾー・ネイラーエイドリアン・ピカリングらが出演。オーストラリアのグレートバリアリーフを舞台に、5人の男女が生き残りをかけて、どう猛な巨大人食いザメと死闘を繰り広げる。

予告編は、地上の楽園とうたわれるグレートバリアリーフの美しいサンゴと血に染まった海の映像の対比が、ホオジロザメの恐怖を強烈に描く。ヨットで海に出たルークら5人の若者は、クルージングやシュノーケリングを満喫していた。しかし航海の途中で船が座礁したため、陸を目指して泳ぐことを決意する。

ダイビングスーツいう心もとない状態で泳ぎだすも、ルークらは海面からのぞく背びれに、自分たちが人食いザメの縄張りに足を踏み入れてしまったことに気がつく。サメに襲われた仲間が次々に姿を消していき、迫りくる死の恐怖に引きつった表情が現実に起こった事件の恐ろしさを物語っている。

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター」は、8月13日から全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi