主演女優がバラクーダに噛まれた「オープン・ウォーター」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月26日 > 主演女優がバラクーダに噛まれた「オープン・ウォーター」
メニュー

主演女優がバラクーダに噛まれた「オープン・ウォーター」

2005年4月26日 12:00

(左より)クリス・ケンティス、辺見えみり、 ローラ・ラウ「オープン・ウォーター」

(左より)クリス・ケンティス、辺見えみり、
ローラ・ラウ
[拡大画像]

昨年のサンダンス映画祭で話題をさらった海洋サスペンス「オープン・ウォーター」の公開を前に、監督のクリス・ケンティスとプロデューサーのローラ・ラウ夫妻がPRのために来日。4月26日、東京・内幸町の帝国ホテルで記者会見を行なった。

監督・脚本・編集の3役を務めたケンティスは本作製作のきっかけについて「始まりは、98年にオーストラリアのグレートバリア・リーフで2人のアメリカ人が行方不明になったことでした。ですが、当時はまだ撮影設備や予算の関係で断念せざるをえませんでした。しかし、00年を過ぎたあたりになると、デジタルビデオの性能が格段に上がり、本作の製作が可能になりました。撮影クルーも私を含めて2~3人という低予算の作品でしたが、低予算であることを利点にして製作しました」とコメント。

一方、妻でプロデューサーのラウは、製作中の苦労話を聞かれると「私達はニューヨークに住んでいるのですが、このような役が欲しいと思っている人は沢山いるわけです。ですからオーディションでも困ったことはありませんでした。ですが、撮影中は主演女優のブランチャード(・ライアン)がバラクーダに噛まれるなどのハプニングがあり、大変でした」と苦笑い。

会見終了間際にはダイビング経験者のタレント、辺見えみりが登壇。映画の感想を聞かれると「経験者にしかわからないリアルさがある」と答え、会見を締めくくった。6月、シネクイントほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi