水難を扱った映画の監督が津波の被害に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年1月4日 > 水難を扱った映画の監督が津波の被害に!
メニュー

水難を扱った映画の監督が津波の被害に!

2005年1月4日 12:00

アメリカ人の映画監督が、スマトラ沖地震による津波の被害に遭っていたことが明らかになった。昨年、アメリカでスマッシュヒット放った低予算ホラー映画「オープン・ウォーター」のクリス・ケンティス監督と、妻でプロデューサーのローラ・ラウが、プーケット島で休暇中に津波に襲われた。ホテルに津波が押し寄せてきたとき、すぐに上の階に逃げて無事だったという。ちなみに「オープン・ウォーター」は、サメだらけの海に取り残された2人のダイバーを描くドキュメンタリータッチの映画で、そのクリエイターたちが本物の水害に遭ったという皮肉な出来事。本作は今年の夏に日本公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi